祝福の祭典

一昨日は渋谷スターラウンジにてTYOのライヴだった。「~HAPPY 50th TONYVERSARY NIGHT~」っていうタイトルの文字通りトニーのバースデーライヴ。
スターラウンジが記念すべき誕生日を祝福するサイコーな空間と化していて、ウキウキだったな。ちょっと遅くなっちゃったけど、サプライズでマッドの誕生日も祝えて更にハッピー。御来場くださったミナサマ、スターラウンジのスタッフのみなさん、その他関係者&スタッフのみなさん、どうもありがとうございました。
「トニヴァーサリー=トニーの記念すべきバースデーライヴ」ってコトで、セットリストもトニー’sセレクトの曲を数曲リストアップ。更にカヴァー曲もトニー’sセレクト。以前オムニバスアルバムに参加した『きりきり舞い(from 山本リンダ)』と、TYO的アレンジで仕上げた『バイブレーション(from 郷ひろみ)』と、『時の過ぎゆくままに(from 沢田研二)』の3曲をプレイした。個人的には高校3年生の時の文化祭を始め(笑)、過去何度もプレイしたことのある『時の過ぎゆくままに』をTYO流ブリティッシュロックテイストにアレンジしたのがお気に入りで、サンバーストのサンダーバードを指弾きでブリブリ弾きまくったのがかなりキモチ良かったな。なんかトレヴァー・ボルダーになった気分(笑)。

2012.6.17.@STAR LOUNGE  showtime pix by Hiroshi Tsuchidaこんなカンジで指弾きね。あれ?コレは『時の過ぎゆくままに』?『CAT BACK BLUES』? どっちかわからん…
5/27のライヴとはけっこうセットリストを替えたし久々な曲もプレイしたので、新鮮感もあり、スターラウンジの音響がかなり良くなっててそれぞれのメンバーのサウンドがキモチ良かったのもあり、終始イイカンジでプレイ出来た。
さて、これから8/4@池袋ブラックホールのワンマンまで、TYOのライヴはない。サードアルバムのレコーディングに向けて本格的に創作期間に突入だ。フロアの多くのオーディエンスのミナサマにもらったパワーで、サイコーなアルバムを創り上げたいぜ。

P.S. 本当はココに書きたくなかったけど、どうしても伝えたいので敢えて書かせてもらう。ちょっとしたお願いがあるのだ。
ライヴのMCの時、コチラがしゃべっている内容と関係ない事を、聞こえる位の声でステージに何度か話しかけたりしているお客さんがいた。ああいうのはやめてほしいな。MCを聞いてようと聞いてなかろうとそりゃ自由だけど、せめて関係ない事を口走らないでほしい。正直、オレ、もうちょいでキレそうだったわ。『お客様は神様です。』かもしれないが、『お客様なら何でもアリ。』ってワケじゃないと思う。最低限度のマナーは守ってほしいな。ちょっとした気遣いだと思うんだよな。MCしてないメンバーの様子とかも関係することもあるので、コチラ側も反省すべき点もあるし、ステージでの“気遣い”は大事だよな。
ただ、フロアから面白い発言が飛んで来る事もよくある。勿論MCで話してる事に沿った発言ね。それはそれである意味“トークのキャッチボール”的に盛りアガったりもするので、全然しゃべるなっていうワケじゃないんだ。むしろタイミングとか内容とかを見計らって声を発してくれたら、それはアリだと思うんだよな。以前書いた歌舞伎の『大向こう』みたいに粋なタイミングが嬉しいな。(→http://www.heesey.com/?page=5&p=diarylist)

冷静に書いたつもりだけど、解ってもらえるかな? 解ってもらえたら嬉しいっす。よろしくです!
あっ、6/17のセットリストはTYOの方のブログにアップしてありますよん。チェキ!http://tyo-jpn.syncl.jp/

2012.06.19 (Tue) 2:18:44