CELEBRATE SUMMER 2011

「SUMMER IS HEAVEN IN TWO THOUSAND ELEVEN!」なんちてね!(コレ、あるコトのヒントなんだよな・笑)
本日早朝、無事にイギリスから帰国したよ。
去年にも増して充実した“逃亡生活”だったな。去年同様、素晴らしい体験の応酬! 思い出、超テンコ盛り! 感動しまくり!大袈裟じゃなく、ホントにサイコーだったんだわ。
前にも書いたように、宿泊先は去年と同じブロッケンハーストとロンドンで、同じくカントリーサイドとシティーをエンジョイしたんだけど、遊びに行ったのは去年とは別の場所。どっちもまた超イイカンジだったな。
<英国旅情 #1>

コレ、ロンドンからちょいと足を伸ばして訪れたケント州にある『リーズ城』。あいにくの雨だったけど、それがまたリルビ不気味で雰囲気ビンビン(笑)さすが12世紀からある古城なのね。イギリス歴代の女王たちが多く住んだことから、“貴婦人の城”として知られているんだって。12世紀から20世紀にかけて何度も改・増築されてはいるけど、城の中に入るとその変遷が手に取るように解り、歴史の深さを感じちゃったな(詳しくはググってみてちょ)。
11回目のイギリスだったけど、毎回毎回必ず旅の終盤になると独特な切なげな儚げな気分になるんだよな。帰りたくなくなるの。飛行機の中で聴いたエルトン・ジョンの『Goodbye Yellow Brick Road』が、おセンチ気分にドンズバで胸に沁みっ沁み!↓コレ、’73のエルトン。さすが’73年! グラムでグリッターやね(笑)http://www.youtube.com/watch?v=U7wwZVB4yMI
そういえば、『Your Song』の女性シンガーがカヴァーしてるバージョンが何度か街で流れててるの聴いたっけな。なんかリバイバルヒットしてるみたいだったな。コレもおセンチね。↓コレは、エルトンのオリジナルバージョン。こちらは’70年ですと。http://www.youtube.com/watch?v=mTa8U0Wa0q8
そんなワケで(話逸れちゃったけど…)、行く都度に新たな魅力を発見しちゃって、またしてもイギリスに惚れ直しちゃいました。なのでまたしばらくいろんな画像をココにアップしちゃうぜ! 
さてさて、もうすぐ9月。9月は、TYOのライヴが2本。あと、個人的には、9/16のグラムロックイースターにゲスト出演。バッチリと遊びまくり充電しつつも、ビシビシと沢山刺激を受けてきたんで、早くステージに立ちたいし、曲もジャンジャン作りたい。こりゃ絶対にサイコーなセプテンバー間違いナシね!

2011.08.29 (Mon) 22:40:52