乗り越えていきましょ!

「元気出していこう!」って決心して約一週間。そりゃたまには凹むけど、相変わらず元気でやってる。
今日は、オカヒロとDJ YASUを誘って、映画『THE RUNAWAYS』を観に行ってきた。 THE DOORSの『まぼろしの世界』も『極悪レミー』も忙しくって映画館で観れなかったので、 「今度こそ!」と思い、3人で渋谷に繰り出した。めちゃめちゃ楽しかった。 個人的にはラナウェイズはリアルタイムだったが、まだロックを聴き始めた頃だったっけな。 映画の内容自体も楽しめたし、改めて自分のルーツとなり今でも一番好きなスタイルの ロックを再確認できた。今この歳になって自分なりにロックの歴史とかを理解した上で、 その当時(映画のストーリーは1975年から始まる)の時代背景やミュージックシーンを 題材にした映画を観れてサイコーだったな。
あっ、先日のタワレコでのイベントの時に買った『極悪レミー』もサイコーに楽しめたよ。 あんまりにもコーフンしちゃって、超久々にリッケンバッカーベースを引っ張り出して 弦を張り替えて思いっきり弾きまくっちゃったぜ(レミーのとは違って’72年製の黒リッケンだけど)。最近、家でギターやらベースやら弾きまくり。赤雷神鳥もね。
世の中、ドンヨリと暗く意気消沈した自粛ムードが漂う。渋谷の街も例外じゃなかった。 ネットや新聞なんかでも、近いニュアンスのことが書いてあったが、 なんだか『無理して元気ないフリ』しているように感じる。 オレは過剰な自粛はやめて、せめて元気な人は元気でいるべきだと思う。 じゃなきゃ元気な人までドンドン憂鬱な気分になっていっちゃうんじゃないかな。 無理にっていうワケじゃなく、ちょっとずつでも元気になっていきたいよね。
ここんとこ、どうにかしてチカラになろうというアイデアをずっと考えていて、 ソレがなんとなく見えてきた。このまま事態が悪い方向に進まなければ、 近々何かチャリティー的なイベントをやりたいなと… もっとジックリ考えていろいろ決まったら、いち早くココでお知らせします。 よろしくね。

以前にもココでアップしたかもしれないけど、コレ、実家のアンズの木。 先日実家に行ったら、その前日に親戚が数人集まって『ささやかなお花見』をしたらしい。 酒の宴的にじゃなく、アンズの花を観ながらお昼ゴハンを食べたんだって。 こんなご時世だから、このくらいは許されるよね? オレは全然不謹慎と思わんがね。

2011.03.24 (Thu) 0:48:52