アイラヴメニュー

メニューを見るのが大好きだ。
いつの頃からか?ガキの頃からか?覚えてないなぁ…

今日もレストランで食事したけど、席につくなりメニューを見始めて
あまり迷わず食べたいモノを決めて注文した。その後料理が運ばれてくるまで
ずっとメニューを見ていた。これがとっても楽しいんだな。
『あっ、こっちにしときゃよかったぁ。』とか
『おっ、サラダ追加しようかな。』とか
『んーと、デザートはどうすっかな?』とか
『えーっ?これ注文する人っているのかなぁ?』とか
そんで食べ終わって、満腹なのにまたメニューを見始める。なんなんだ?

でもとにかくメニューは楽しい。注文後もいつも1つは置いてってもらう。
居酒屋とかの酒のツマミなんてもう物凄く盛り上がる。
焼肉屋さんなんかもいい。<本日のオススメ>なんて言葉にも弱い。
ファミレスやファーストフードやデリバリーのメニューでさえ好きだな。
それから写真がないメニューも、イマジネーションが湧いてきて好き。
創作料理だったりすると更にいい。どんな味で楽しませてくれるのかウキウキするよな。特にグルメなわけじゃないんだけどね。

あと面白いのは海外にいる時に見るメニュー。これがまた楽しいんだ。中華料理は漢字のニュアンスで想像したりしてね。全然ハズしちゃったりして。でも初めて食べて美味しかったりして。『当ったりぃ!』なんてね。国際都市とかはイタリアンでもフレンチでもスパニッシュでも、ほとんどの場合英語でも表記してあるからだいたいは想像はつくけどね。でもニッポンの洋食の王道とは全然違うからやっぱりかなり楽しいな。

何度も食事や飲んでる場に同席した事がある人は、好きなのがわかってもらえてるので、笑いながらメニューを渡してくれる。一通り注文が決まっても、ちゃんと1つはキープしてくれる。コドモ扱いかい?いやいや、みんなおもいやりがあるなぁ。感謝感謝。『食』っていう字は『人が良くなる』って書くんだって誰かが言ってたっけ。メニューを見て食べたいモノを選んで、美味しく
楽しく食べる。世界には饑餓に苦しんでいる人達がたくさんいるんだから、本当はとってもゼイタクな事だよね。これからも食事が出来るというシアワセを噛みしめて、ジックリとメニューを見ることにしよう。そしてやっぱり1つ置いてってもらおう。

2006.10.17 (Tue) 0:00:00