音を楽しむ喜び

昨日、久々に長年お世話になっている神田商会へ行った。
何本かの楽器のメンテナンスをしていただき、最近発売されたZEMAITISのメタルフロントのベースとAMPEGのSVT-VRというアンプを試奏させていただいた。とても充実した一日だったな。

やっぱり楽器関連で出掛けて行くのは楽しいよ。ウキウキして車を走らせたもん。まずは神田の『ZEMAITIS MUSEUM』に立ち寄ったら『夜叉』や『アキマ&ネオス』等で多彩なプレイをブチ
かましているベーシスト・山本征史、やまもっちゃん(きっと他の愛称があるんだろうけどオレはこう呼ぶ)とバッタリ会った。やあやあと話していると彼もAMPEGの試奏をしに来たと言い、一足先にお茶の水にある『楽器センター東京』へ向かった。
オレは数年振りに神田商会のリペアルームにメンテナンスをお願いしに行った。すると二十年来の旧友ベーシスト・サトルに数年振りに再会し昔話をして盛り上がった後、いろいろと調整のリクエストをしてオレもいざお茶の水へ。

ガキの頃から通い慣れたお茶の水の楽器街に最近建ったという立派なビル。そこが初めて行った『楽器センター東京』だった。二階に試奏出来る部屋があり、所狭しと多数のメーカーの大型アンプが並んでいた。もうそこにいるだけでハッピー。すでにやまもっちゃんは試奏を済ませて『にいさん、温めておきました!』的な笑顔で迎えてくれた。何だかいい感じそうな予感。
早速オレも試奏開始。ベースやヘッドやスピーカーを取っ替え引っ替え出来るのが何ともシアワセ!いろんな組み合わせで延々弾きまくった。やまもっちゃんはプレイヤーとしても素晴らしいが、その上サウンドメイクがとっても巧い。オレが弾いていると心地良いポイントを見つけてすぐに気持ちいいサウンドにしてくれちゃう。沢山の経験といろいろな音楽的嗜好がないとあそこまで音をコントロールしたり言葉にしたり出来ないだろう。恐るべし、やまもっちゃん。一緒に試奏してくれてありがとうね。
ZEMAITISのベースもかなりのクオリティーでゴキゲンだったけど、何と言ってもSVT-VRのヘッドとSVT810の進化系のツイーター付きのキャビネットが最強だった。やまもっちゃんも神田商会の方2人もオレも全員一致でこのコンビを絶賛していた。こればっかりはなかなか文章じゃ伝わらないけど、『いい音で弾いて聴いてシアワセな気分になる』というシンプルでピュアな感覚を久しぶりに味わえた。とてもとても嬉しかった。

帰り間際、『楽器センター東京』の店員のおにいちゃんにサインと写真撮影をお願いされた。緊張を隠せない彼曰く,オレがきっかけでベースを始めて以前のオレが載っている音楽誌を今でも持ってくれているらしい。自慢に聞こえてしまうかもしれないが、こんな時いつも心からミュージシャンになってよかったと思い胸が熱くなるんだ。これからも彼のようにずっと応援してくれる人達が誇りに思えるようなミュージシャンでいたいな。

メンテナンスをしていただいた楽器を取りにもう一度神田に戻ると、今度はまた元・ZIGZOで今nilというバンドをやっているTETSUに数年振りに再会した。本当にここ半年位旧友や昔のバンド仲間に会う機会がやたら多い。あまりに多いので冗談で『オレ、死んじゃうんじゃねぇかな?』なんて言ってて、帰りに近くだからとアメ横にちょいと寄ったら、これまた超久々に仲良しだったバイト先の近所の店のおねえさん(おばちゃんって言うと怒られそう…)にバッタリ再会。うわあ、ダメ押しだぁ。でも元気そうで何よりだった。ちなみにアメ横での収穫は何とも珍しくナシ。アタマとカラダが『いい音』でいっぱいだったからかな?(えっ?ただ単に獲物がなかったから?)

神田商会の方々をはじめ昨日会ったみなさん、いい一日をありがとう!
ZEMAITISとAMPEGでコドモのように盛り上がるやまもっちゃんとオレ。
音楽に対してはずっとピュアでいたいもんです。

2007.01.17 (Wed) 0:00:00