悩殺獣低音コンビ購入!

約1ヶ月前、2週連続でやまもっちゃんと楽器センターに通って試奏しまくった(1/17、1/25参照)AMPEGのSVT-VR(ヘッド)とSVT-810HPC(キャビネット)を遂に手に入れた。とは言っても2月上旬に買ったんだけどね。早くここで語りたかったんだよな。

どうですかい?見て下さい、このSVT-VR(ヘッド)のルックス。
段ボールから取り出して思わず抱きしめてチューしちゃいました(ウソ、でも物凄く愛おしいのだ)。’69〜’72年までのごく初期の通称“ブルーライン”と呼ばれる年代のモデルを再現したそうで、さすがに復刻版だけあってフロントパネルは麗しくもレトロでクラシカルな風貌だね。でもリアパネルにはいろいろと現代的な機能が装備されていてとても実用的な仕様になっているみたい。詳しくは今後EQUIPMENTSのほうにアップするつもりなのでお楽しみに。

SVT-810HPC(キャビネット)はまだ神田商会さんの倉庫にあるんだけど、なんと特別仕様にしてもらってあるのだ。通常、このキャビネットは黒いパネルなんだけど、ヘッドに合わせて銀色のパネルを作ってもらい装着しているわけです。かなり大変な作業だったようで、神田商会の方々どうもありがとうございました。
きっとまだ誰もこのヘッドと特別仕様のキャビネットをセットアップした状態を見ていないだろうけど、きっと想像以上にグッドルッキンだと思うなぁ。うわあ、早く見てぇ〜っ!素晴らしいサウンドなのはもう試奏しまくってわかっているので、これでルックスもサウンドも完璧だぁ!

アンプの話題でもっと語りたいので次回につづく…

2007.02.23 (Fri) 0:00:00