地獄の対談

昨日の楽器フェアのイヴェントは、短い時間だったけどとても楽しめた。観に来てくれたみなさん、どうもありがとう。

ちょっと早めに会場に行って、いろいろ見て廻ったのも面白かった。日頃お世話になっている楽器業界の方々にも会えたし、いろんなブースを観れた。プレミアム・ギター・ショウっていうオールドギターを中心にいろんな楽器を実際に売っているスペースもあって、それも楽しめた。案の定オレが欲しいようなベースは少なかったけど…時間があったら会場全部を制覇したかったな。横浜の街もブラつきたかったしな。

KISSに関するトークショウってのも、最初は正直、『楽器フェア』という場所で果たしてどうなんだっていうクエスチョンがあったけど、終わってみればいいカンジでしゃべりまくって、「や、時間足んねぇんじゃね?もっと深く語りたいよ!今度ミュージック・エア・ネットワークで番組にしてくださいよぉ。」なんていう状態だった。
せっかくの楽器フェアだからとジーン師匠のサイン入りのギブソン・グラバー・ベースを持参してキッスのフレーズを弾きまくったりしちゃってね。キッス専門店『LOVE GUN』の店長・中村さんもキャラクターグッズを沢山持って来てくれて、愛情たっぷりにいろいろと語ってくれた。っていうかオレがメインで語り過ぎちゃったかも?また今度こういう機会があったら、ちょっと人数を増やして軽く呑みながらオレだけでなくディープにホットに語り合いたいな。KISS ARMY達の話を聞くのがまた面白いんだよな。マジでどなたか番組作ってくれませんかね? 勿論、タイトルは『地獄の対談』で。

教則DVDのクリニックも、ああいうオープンスペースでのシチュエーションでやったのが初めてだったけど、面白かった。発売記念イヴェントの時もオケに合わせてナマ演奏をしたが、今回はジャンジャンアドリヴかまして弾きまくった。椅子に座って弾いたこともあってかなり入り込んでプレイしちゃった。キモチ良かったなぁ!

どちらのイヴェントも、微笑みながらも時には真剣に聞き入ってくれている人ばかりでとても嬉しかった。ありがたいことです。
アトス・インターナショナルの方々、中村さん、イヴェントスタッフのみなさん、オレが出演すると聞いて駆けつけてくれた楽器業界のみなさん、お世話になりました。どうもありがとうございました。
思いっきり『STRUTTER』って書いてあるTシャツを着てグラバーを弾いているオレと、『DYNASTY』をアレンジしたレアTシャツを着てキャラクターグッズを背に熱く語る中村さん。
WE ARE REAL KISS ARMY!

2007.11.03 (Sat) 0:00:00