とやま=TYMだね&長崎は今日もエロだったさー&大分いいちこ旨いちこ&ゆくさおじゃったもした鹿児島&愛媛愛してるぞなもし

『THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -SUBJECTIVE LATE SHOW-』…12/7は第11の地・富山オーバードホール12/9は第12の地・長崎ブリックホール12/10は第13の地・大分iichikoグランシアタ12/12は第14の地・鹿児島市民文化ホール12/14は第15の地・愛媛ひめぎんホール…でした。
北陸〜九州〜四国と大移動しながらの5本のライヴは、 それぞれの土地がはっきりとした色を持っていて ツアー後半を濃密に鮮やかに彩るような印象深いステージになりました。 ご来場くださったミナサマ、どうもありがとうございました。 スタッフ&関係者のみなさん、お疲れ様でした。
富山オーバードホールでは、エマちゃんのバースデーをガッツリとお祝い出来たね。

コチラ、サウンドチェック中の御本人。

コチラ、開演直前。祝う気マンマンのワタシ。 バースデーライヴに相応しいステキな会場だったよ。 更にオーディエンスの祝福ムードで超絶ヒートアップしたステージになったな。

終演後はメンバー&スタッフで楽屋でシャンパンとケーキでお祝いしたよ。 北アルプスの山々が彼方に見えてサイコーな街だったな。

モツ煮込みうどんも激旨かったぞ!また是非富山に行きたいぜ。
そして長距離移動しての九州上陸。 まずは長崎。

移動日に超久々に名物のミニ餃子を食べまくったのだ。唐揚げも鴨鍋も超絶品。

ブリックホールも素晴らしかったな。 異国情緒に溢れ妖艶な色をも備えた街を象徴するような会場で、 心地よいエロスを感じるステージになったよ。

長崎ではコスチューム#1のドットシャツバージョン。
2連チャンなので長崎でのライヴ終演後大分に移動。

会場名になってる麦焼酎『いいちこ』をいただいちゃいました。ごちそうさまです。

大分はコスチューム#3。黒ずくめの自称・“下町のナポレオン”。 九州のオーディエンスの『オープニングから盛りアガる気マンマン』なゴキゲンな気質を 「あ!そうだよ、このカンジ!このカンジ!」と思い出させてくれたライヴだったな。 しんけん盛りアガっちょったよ。 ケータリングでは、さば、ダンゴ汁、豚丼、唐揚げをいただいたぞ。

打ち上げでいただいたフグ料理はハンパない絶品。 勿論、麦焼酎“下町のナポレオン”・いいちこをタップリといただきましたよ。 美味しゅうございました。
大分〜鹿児島は、JRで移動。初めて乗った特急と九州新幹線に大感激だったな。

鹿児島市民文化ホールの客席で発見した「廣瀬53歳」=『ひ-53』(笑) 鹿児島の客席も『超絶お祭り状態』。わっぜ熱狂しちょっど。

この日もコスチューム#2。 ヤベっ、近づいて来てるだけにパンツの質感がマジでクリスマス的に見えてきた(笑) どこに行ってもヒーセコールには大感激。この日も大歓声をありがとう! そして吉井ロビンのMCも舌好調でごわす(笑)

黒豚しゃぶしゃぶと共にいただいた芋焼酎『黄猿』でカンパーイ!


鹿児島→松山は、雨の中プロペラ機で移動。外タレっぽくてなかなかいいっしょ?

松山の会場は、このホールツアーで一番大きいひめぎんホール。 駆けつけてくれた3,000人近いオーディエンスで、5階席まで満員御礼。 おかげでサイコーなテンションのキレッキレなライヴになったよ。 四国で唯一の公演だったね。次回のツアーでは数ヶ所廻りたいなー。

リハの合間の立ち位置ショット。スニーカーもギラッギラだし、 シルエットもイイカンジだし、なかなかクールなショットだぜよ。

愛媛はコスチューム#1。星条旗とゼブラ柄がミックスされたシャツバージョン。

さて早いもんでいよいよホールツアーもファイナル。 最終地にしてTHE YELLOW MONKEY初上陸の地・倉敷ですぜ。 華々しく賑々しく有終の美を飾るであります。 ご来場予定のミナサマ、お楽しみに!!

2016.12.17 (Sat) 3:37:27