パワーチャージ・トーキョー

こんばんは、東京の田舎者です。
昔、しょっちゅうウチの両親がウチの家族の事を『東京の田舎者』って
自虐的に言ってたっけな。
コレ、いろんな意味があって、まず、東京都でも都会じゃないところの出身って
いうニュアンス(オヤジ=荒川区、オフクロ=豊島区、オレ=足立区)。
それに、長年東京に在住のくせに東京の人気スポットを解ってないっていうニュアンス。
(例えば、上野は詳しいけど六本木はまるで疎い、ましてや自由が丘や中目黒なんて行った事ない的なカンジ…あ、あれ?その反動でオレは今頃渋谷に頻繁に出没したりしてるのか?)
コレってさ、決して東京出身を自慢してる訳じゃないんだよ。
どっちかってったら悲しいぜ、マジで。
例えが六本木と自由が丘と中目黒って時点で、どうなんだ?って思うでしょ?(笑)
今、この夏、アツい場所ってどこなのかね? 西新井とかだったりして?赤羽かな?

そんなわけで、毎年“お盆休み”って何していいか迷う。
実家にはしょっちゅう帰ってるし、都内の道路はガラガラだけど、
どっか行こうとすると繁華街とかいろんな所は混んでるし。

なので、ちょいと考えて時間をズラして午後に高尾山周辺に出掛けてみた。
おぉ、これまた東京郊外ね。コレが、バッチリ大成功。
そんで、『トリックアート美術館』ってとこに行き、超満喫。すんごい面白かったぞ。
その後、高尾山の登山口周辺を散策。これがまたサイコー。
ちょっとだけ登山口から足を伸ばし登ってみるだけで、ヒンヤリと涼しいのだ。
夕暮れ時だったのもあって、ヒグラシの鳴き声が心地良く郷愁を誘い、
自然のパワーで満たされちゃったぜ。
観光客の方々はもうドンドン帰路につくので、人影もまばらで混雑ストレスもナシ。
この暑さゆえ登山する気力はないが、軽い散策がちょうどいい具合だったみたいね。
フランスのガイドブックに載って以来か?今じゃ東京の三ツ星スポットだもんね、高尾山。
最近大人気らしいよね。都心からわずか約1時間ってのも人気の理由かもね。
時間帯がアナだったのかも。東京の田舎者もすてたもんじゃねぇぜ(笑)

さっ、明日からまたレコーディング。パワーチャージ完了だぜよ!
思いっきりいこうじゃないですか!
粋な夕涼みね。秋になったら久々に登ってみるかな、高尾山。

2009.08.13 (Thu) 0:00:00