NOW ON SALE!

最近使ってなくてこの先も使わないだろうと思われる楽器が数本あって、それらを長い付き合いの楽器屋さんに委託して売ることにした。
ご存知の方も多いだろうが、オレはピピっとキたら勢いと物欲にまかせて楽器を買う。勿論コレクションするわけじゃなく、ジャンジャン使うために入手するのだ。ドンドン増えていく楽器は徐々に…『ライヴで使い続ける楽器』と、『レコーディングの際に使う楽器』と、『使わなくなり自宅で眠らせてしまっている楽器』…に区別されてしまう。そして時々<実際にほとんど使っていない楽器を所有していて、変にコレクターみたいになっちゃっていること>への罪の意識が芽生える。「オレんちに眠っているより、ジャンジャン弾きまくって大切にしてくれる人の手に渡った方がいいよな。その方が楽器もシアワセだよな…」と。
そんなこともあって、数年に一度『使わなくなり自宅で眠らせてしまっている楽器』を売りに出す。大抵の場合は付き合いのある楽器屋さんに委託品として置いてもらって売ってもらう。過去に長い付き合いの楽器屋さんで一気にまとめて十数本売ったこともある。
当時その長い付き合いの楽器屋さんにいらした山本さんは、今では彼は独立し、東京・高円寺に店を構えるBUDDY SOUND WORKSの店長さん。何かとしょっちゅうお世話になっている。今回もたまたま別件で行った時に、「近々また数本まとめて売ろうと思ってるんですよ。」と伝えると、「ちょうどもうすぐチャリティーイベントをやろうとしてるんですよ!」と。売り上げの一部を義援金として被災地へ寄付するという。山本さんご自身も東北のご出身で、いつも被災地に対して何か出来ることはないかと考えていたらしい。オレも昨年TYOや所属事務所や渋谷La.mamaなど多くのご協力を得てチャリティーイベントを開催させていただいたり、チャリティーブレスレットを作り販売させていただいたりした。そして多くのみなさんのご厚意のおかげで集まった義援金を、代表して日本赤十字社に送らせていただいた。これからも出来ることをしていきたいと思っていたので、「そりゃグッドタイミングだ!」ってコトで、チャリティーの企画に参加させていただき、BUDDY SOUND WORKSに委託して楽器を売っていただくことになった。
今までは楽器を売る際にあからさまには自分の名前を出さずに販売していただいていたが、今回は一部をチャリティーとすることもあり、『HEESEYの放出品!』っていうのをオープンにさせてもらおうと思う。その方がわかりやすいだろうし、欲しいと思ってくれる人の手に届きやすいだろうからね。
 “放出品”は今のところ、ベース×6本、ギター×1本、アンプ×1台、フライトケース(ベース用)×9個といったラインナップだ。単にオレ個人の好みの問題で使わなくなったというだけで、自分で言うのも何だが楽器としてクオリティーの高いモノばかりだ。いくら“ピピっとキたら勢いと物欲にまかせて買う”とはいえ、しょうもないモノは買わないからね。正直、中にはヴィンテージでハンパない値段のモノもあるけど、 “HEESEYスペシャル”的に超こだわりまくりでカスタマイズしたモノもある。出品されたほとんどがレアモノかもね。ココのサイトのEQUIPMENTSのページにアップされてるベースも数本出品するよ。
興味のある方は是非チェックしてください。楽器など詳しくはコチラ↓BUDDY SOUND WORKSのページhttp://www.buddy-sw.com/BUDDY SOUND WORKSのチャリティページhttp://www.buddy-sw.com/charity/charity.html

2012.01.15 (Sun) 18:27:50