天命コノヤロウ

こんばんは、ハーフナー・マイクです。違うね。こんばんは、荒川のアラちゃんです。違うね。
一昨日はオカヒロとオレんちでレコーディングのアレンジ。久々にオレんち作業。順調に終了。今日はトニーが来て、歌詞やら何やらの打ち合わせ。着々とレコーディング準備が完了に近づいてるわ。イイカンジ。早くレコーディングしたいぜ。
昨日はちょい久々のジム。爽快なり。んで、その後、ベースを片っ端から引っぱり出してきて、またアンプから音出して弾きまくった。もう自分の中ではレコーディングで使うベースを決めつつあったが、ひょっとして他のもイイかも…と欲が出てアレコレ弾いてみたの。でも、もう決めた!今回は曲を作ってる段階から「アイツだな!」つうファーストインプレッションがあったのだ。それは…このお方だ!

(まわりにチューリップが咲いちゃってる季節外れな画像で失礼…)先日もココに書いたように「ストレートかつワイルドな男気溢れるベースライン」には、この今年50歳を迎えたプレベが絶対バッチリとハマるんじゃないかなと。「五十にして天命を知る(天が自分に与えた使命を自覚する)」って『論語』にも書いてあるっちゅうワケですよ(?)まぁオレはあと2年あるけど(笑)そっか、50ってのは、“天が自分に与えた使命を自覚する歳”なのか…そうらしいぞ、来年だぞ、オカヒロ&トニー!
とはいえ、実際にレコーディングスタジオでデカい音で出してみないとね。今回のレコーディングは個人的にサウンド面でいろいろチャレンジだな。アンプもいつものじゃないヤツで録音してみたいし。もう一曲の方のベースはイマイチまだ決めかねてるから、今日またいろいろ弾いてみよっと。
天が与えた使命か…(←意外と考えさせられちゃったりして・笑←自覚がないワケじゃない・笑)

2011.10.13 (Thu) 0:10:42