新曲作り 奮闘中!…からの…

まだまだ暑いやね。でも何気に風がちょっぴり秋めいてるのを感じるね。帰国後9月に入って、なんやかんやとちょいちょい買い物に出没してるのだ。当たり前だが、もう洋服屋さんはカンペキ秋冬モノ。まだソソラレるモノには遭遇してないけど。「早くもっと涼しくなってオシャレしたいぜ!」…って、今頃毎年言ってるね。
<英国旅情 #5>ロンドン滞在3日目は、ちょうど土曜日だったので(いやいや計画的に決まってるじゃん…笑)いよいよ、ポートベロー〜カムデンという二大フリーマーケットのハシゴ。

去年は行かなかったポートベローマーケットに11年振りに行っちゃいました。自慢じゃないが(←十分自慢じゃん…)、毎年連続でレコーディングに行ってた頃にフリーマーケットの面白さにズッポリハマっちゃって、ロンドン中のマーケットをほぼ制覇したアタシ。古着とかを目当てにアッチコッチ彷徨ったワケ。でも洋服類とは限らず、アンティークあり、野菜やら肉やらの食料品あり、革製品オンリーのもあり、日用品ありっていうマーケットが大半だったな。それはそれで物凄く楽しめたけど、やはり“カッコいい一点モノのヴィンテージな古着”っていうのが大好物だったアタシにとってやはり『CAMDEN』と『PORTOBELLO』は<聖地>なワケですよ。(♪大袈裟じゃないよ、キミも行こうよ)当時は他にもグリニッジとかスピタルフィールズとか穴場を発見して、一人で盛りアガってましたが…
ポートベローマーケットは、やはり有名で巨大で売ってるモノもオールラウンドなだけあって、訪れる人の数もハンパじゃないの。前述の通りタイミング的にもサマーヴァケイションだったりで、観光客(オレもね)もめっちゃ多かったな。そうそう、大道芸人の方々もけっこういたよ。

ほら、チャップリン! 顔白く塗り過ぎですけど。仕草や演技がメッチャメチャかわうぃーね!

コチラ、アタマの無い紳士&淑女のお二人! こんな奇怪な格好してるのにめっちゃ礼儀正しいのがオモロかった。勿論二組にチャリ〜ンと小銭をはずんできましたぜ!
で、ポートベローで判明したこと。
『どうやら古着類のストール(露店)はポートベローに集約されたみたいだ。』(や、勝手な憶測よ…)

以前はカムデンにも古着のストールが沢山あったが、去年行った際にはほとんど見当たらなかったのだ。で、ポートベローには、何軒もまとまって出店していたの。きっと古着商はこっちに移ったんだな。とはいえ、最近古着を着なくなったので何も買わず。結局ポートベローでの“収穫”は自分用に帽子とか上の画像で首に巻いてるストール(イイ色でしょ?)ぐらいで、あとはおみやげ。
さ、そして『カムデン、再び』ですよ。去年行ったからどんな風に様変わりしたかは判ってるんだけど、またしても行ってしまったのだよ。で、“収穫”を先に言うと、ココでもおみやげばかりで自分のモノはほぼ買わず。「んじゃ、アンタ、おみやげ買いに行ったんかい?」って言われそうだが、それだけじゃないんだな、お楽しみは。

とにかくマーケットのあの独特な雰囲気が大好きなんだな。正直、一日じゃマトモに見きれない超多数の露店(勿論、普通のお店も沢山ある)にトコロ狭しと商品が並べられてて、それを大勢のお客さんが楽しそうに群がる。そんな風景=プライスレス! 超サイコー!

いかがわしいのもまた魅力(笑)このカムデンのステイブルズなんて迷路みたいで、お店多過ぎて絶対迷子になるよ。もう足が痛くなるのも忘れて、思うがままに歩きまくるワケ。うぅ、思い出しただけでまた行きたくなるぅ…何なら、マジで行きたい人集めてツアー組んでもイイぜ!
<重量オーバー要注意! HEESEYと行くロンドンマーケットツアー!>…とか?(オレは基本自由行動ね・笑)
あっ、自分でお店出して、売る立場にもなりたい(笑)そしたら何売ろうかな?…

ってなワケで今年のイギリス旅行も、去年同様、充実した素晴らしい旅になりました。飛行機の窓からトーキョーの夜明けのこんな景色を見ながらの帰国。夢見心地の大英帝国旅行。きっときっと、またいつか…
さっ、曲作り、曲作り! こりゃあブリティッシュロック炸裂かぁ?

2011.09.10 (Sat) 0:39:40