ツアーってホントにサイコーだ

TYOのツアー『SUMMER ESTRUS ’11』のシーズン#2が終了した。改めて、新潟、金沢、名古屋の各会場に足を運んでくださったミナサマ、そして各地のスタッフ&関係者のみなさん、TYOのスタッフのみんな、どうもありがとうございました。
TYOとして初上陸の新潟(個人的には約7年振り)&金沢(個人的には約13年振り)。どちらも熱い歓迎をうけての楽しいライヴになった。どちらも海の幸が美味しかったし(金沢のおでんもサイコー!)、移動中に見た日本海も眩しかったな。
そして名古屋。本番前日の移動日は、台風一過。調子に乗ってブラブラとショッピングしつつ、土用の丑の日前夜ってコトで、元祖・発祥の店『あつた蓬莱軒』でツアースタッフと一緒にひつまぶしをいただいた。で、本番当日のお昼は『コメダコーヒー』でのブランチ、終演後は『風来坊』の手羽先&鳥料理で打ち上げって具合に、久々の“ナゴヤメシづくし”。「でらうみゃ〜でよぉ!」ってカンジ?(笑)勿論、名古屋のライヴが超盛り盛りにアガったのは、言うまでもない。乗せ上手のオーディエンスのお陰で、なんだかウッキウキでノリノリでカラダが勝手に動いちゃって、キモチイイステージだったな。
シーズン#1同様、シーズン#2も古くからのファンと新たなファンの素晴らしいオーディエンスのミナサマのおかげで、かけがえのない楽しいひとときをすごせた。感謝感激である。
さあ来週は、いよいよ『SUMMER ESTRUS ’11』も、ラストシーズン。仙台でツアーファイナルを迎える。名古屋のライヴのM.C.でも言ったが、仙台がファイナルなのは、わざとではなくブッキング上の偶然なんだけど、きっと深く大きな意味がある必然なんだと思う。大袈裟かもしれないが強くそう思う。
4月に行なった東京とさいたまでのライヴ、そしてここまでの9本の振替公演。各地に集まってくれたミナサマとTYOのエネルギーや想いや祈りを、仙台に届けたい。そして仙台でも今まで通りのいつもと変わらない“おとなげないロックンロールショウ”をブチかましたいと思う。仙台で待っていてくれるミナサマ、ファイナルというコトで各地から駆けつけてくれる予定のミナサマ、サイコーなひとときを分かち合いましょう!

2011.07.23 (Sat) 22:14:44