合言葉はエストラス

TYOのツアー『SUMMER ESTRUS ’11』のシーズン1が終了し、昨夜四国から帰京した。改めて、大阪、広島、博多、熊本、高松、松山の各会場に足を運んでくださったミナサマ、そして各地のスタッフ&関係者のみなさん、TYOのスタッフのみんな、どうもありがとうございました。
オフステージの珍道中はTYOのオフィシャルブログにちょいちょい書いたが、個人的にはやはり超久々に訪れた熊本、高松、松山が印象に残った。ま、長い行程ゆえに初日の大阪がかなり前に感じちゃうってのもあるが(笑)でも、松山は約7年振り、熊本と高松は約13年振りだもんな。
あの当時や、更にそれより以前から応援してくれている多くのみなさんも駆けつけてくれたようで、感無量だった。遠く遠く離れた各地で、みんながずっとずっと応援してくれているんだと思うと、本当に胸がいっぱいになる。勿論、最近のライヴや今回のツアーで初めてTYOのライヴを体験して、新たにファンになってくれたみなさんも「超ウェルカム!」だよ。全身全霊でやってる本気度100%のTYOを愛してくれるなんて、このうえなきシアワセだ。
古くからのファンも、新たにファンになってくれた人も、より多くのみんなが、「あの日のTYOのライヴはサイコーだった!」と、友達に自慢出来るようなステージをこれからも毎回毎回やっていきたいと思う。
自分が「サイコー!」って思える作品を作って、それをステージでプレイすることと、「どうもありがとう!」って伝えること位しか出来ないけど、四国を縦断しながらの松山からの帰路で、車中から四国の素晴らしい景色を眺めながら、「今までも、これから先も、応援してくれているすべての方々(なかには少なからず他国在住の方もいらっしゃるだろう…)への感謝を忘れずにいたいな。」と、改めて心からそう思った。
前半戦のライヴを思い出してたら、感極まっていろいろと書いちゃったが、すべて本心だ。ミナサマ、これからもよろしくね。

2011.07.15 (Fri) 20:27:22