“ほんわか節”アイムソーリー

昨夜は吉井ロビン宅にオジャマした。いっつもゴチソウになってばかりなので、赤ワインと焼酎の一升瓶と、TYOのうちわとハンドタオルをおみやげに。作詞者に『ならず者アイムソーリー』の新録TYOバージョンをいち早く聴いてもらいたかったの。勿論、必殺の自画自賛曲『夜うらら』もね。
いつものように楽器の話や最近のお気に入りの音楽の話、そして相変わらずココに書けないような話をサカナに、グビグビ酒を呑んで大笑い。
「ヒーセ、あんまり酔っ払わないうちに聴かせてよ、なんだっけ?『ほんわか節』だっけ?」
「なんだ、おぃ! なんなんだ、『ほんわか節』って?(笑)違うよ、『夜うらら』だよ!」
「そ、そっか。いや、なんか日本語っぽいタイトルだったっけなぁって…」
…というような相変わらずな会話を繰り返しての深夜の宴。で、なんか2曲とも妙に物凄く絶賛してくれちゃって。『夜うらら』の曲調はきっとロビンも好きだろうなと思って、物凄く嬉しかったわ。
その後、「オレのも聴いてよ!」と、最近始めたらしい新曲のプリプロ音源を聴かせてくれた。「しばらくプラップラ遊んでるんだ。気が向いたら(意欲が湧いたら)曲創り始めようかと思ってさ。」みたいなコト言ってたのはいつの日か?(笑)「やっぱ、さすがだな!やる時ゃやるぜ、吉井和哉!」ってカンジ。ザックリと数曲聴かせてもらったが、もはや“吉井和哉ロック”以外のナニモノでもない、強烈にカッコいい楽曲だった。凄みを増してたね。あんまり書くと怒られそうだが、新機軸的なテイストもビシビシ感じられたぞ。デモの段階であの完成度だから、こりゃ次作は以前にも増して超強烈だな。楽しみだな。
「何をお互い褒め合っちゃってんだよ?」って? や、マジでカッコ良かったんだわ、デモ音源。さっ、オレももっともっと曲創ろっと。
NO MORE, WAR! LOVE, PEACE, AND ROCK’N’ROLL!!

2010.08.15 (Sun) 17:44:43