”歳”とか”遅い”とか”早い”とか関係ない

今日は、旧友でもありムルバスのマネージャーでもあり、更に最近じゃTYOのスタッフもやってもらってるモモさんに先日同行してもらって購入した録音機材を自宅にセットアップしてもらった。…ってどんだけお世話になってんかな? もうすぐ知り合って30年ね。いつもいつも本当にどうもありがとう、モモさん!ヤツは何かと機材やコンピューターに詳しいの。好きなんだろうね、やっぱ。逆にそのテのデジタルモノに超弱いオレは、しょっちゅうお世話になっているの。
セットアップ後にいろんなノウハウを事細かに教えてもらい、試しにTYOの『TRANSCEND-A-NCE』って曲をルーズにレコーディングしてみたら、超楽しかった。マッドが叩いてるドラムよりめっちゃ簡単なパターンを打ち込み、ちょちょいとベースを録り。さらにギターを2本ダビングしたら、物凄く興奮し没頭しちゃってさっきまでずっとレコーディング!「よし!もう1本ギターダビングしちゃえ!」とか、「カラオケ完成したら次は歌っちゃうか?」って。気分は『なんちゃって・ひとりTYO』ね(笑)宅録ミュージシャンにちょいと同感しちゃったりして。まだまだわからないコトだらけだけど、こりゃこの先ドップリハマっちゃいそう。まさに現在曲創り期間なのでグッドタイミングだな。でもさ、実は以前ハードディスクレコーダーをちょいちょいイジってみたけど、途中で挫折しちゃった過去アリなのよ。でもなんか今回はかなりオモロいぞ。47歳にして宅録に目覚めちゃったりして(笑)まぁ、まずは本チャンのレコーディングに役立つプリプロが出来れば良し!ってコトで。
さあ、7月ね。6月の1ヶ月間はマイペースで曲創りしつつ、ちょいちょいゆっくりユルユルとやってきたが、月末にはTYOのワンマン夏フェス@ラママもありつつも、まだまだ創作期間は続くのよ。ワンマン夏フェスの悪巧みーティングもあって、早くもステージに立ちたくもある。でも録音機材がセットアップされて、曲創りも俄然楽しくなり創作意欲も沸き上がったりもある。ライヴはやりたし曲も作りたしっていうフクザツな心境だが、いずれにせよロックン・ロール・ミュージックがラブだぜ!ってコトにゃ変わりはないやね。今月も張り切って楽しみまっしょい!

2010.07.01 (Thu) 2:19:18