ごめんね、ストーンズ

昨夜、TVで放映したローリングストーンズのさいたまスーパーアリーナでの
ライヴを観た(DJ YASU、どうもありがとう!)。
ライヴが行われて半年経ってるし所詮自宅のTVで観るのだが、このツアーを見逃したので絶対に観ておきたかったんだ。

1曲目の『ジャンピンジャックフラッシュ』のイントロで、キースが
御得意の<両手放し奏法>をした瞬間から、もう涙が止まらなかった。
『なんでストーンズを観てこんなに泣けてきちゃうの?』と自問する位
ラストまで約2時間の半分以上を泣きながら観ていた。

ストーンズは圧倒的に優しい。アーティストは星の数程いるし、大好きなアーティストもたくさんいて、悲しかったり、凹んでたり、悩んでたりする時にもいろんな音楽を聴いてきた。しかしここんとこしばらく、そんな時はストーンズを聴くことが多い。バラードっぽい曲ばかりではなく曲調を問わずだ。メンバーに素晴らしい年輪を感じるし、酸いも甘いも経験しているアーティストには強い説得力
があるんだ。特にストーンズの場合、今でこそミックが<SIR>の称号を得たり、今も伝説を塗り替え続けているが、一時期までは<不良ロックバンドの代表格>だったはずだ。不良ゆえのピュアネスやカッコいいジジイ達(失礼)の生き様に包容力や優しさを感じるのだ。そしてこんなにビッグなバンドになっても、どこかにロックンロールの持つ<いかがわしさ>を今も持ち続けているところが、個人的に大好きな理由の1つだ。

そんなことを思いながら、王道の楽曲オンパレードにウルウルしていると、
『ミッドナイトランブラー』の曲前で、キースがギブソンのTVを弾きながらドラムセット前へ。すかさずミックがハープを奏でながら同じくドラムセット前へ。するとキースはミックの肩にポイっと腕を乗せる。おお、史上最強の2ショットだ!ロックシーンにカッコいい2ショットは数あれど、間違えなく
No.1だ。もはや美しさすら感じてしまう。ここでまた涙…

チャーリーの後ろにセットされたカメラには全てのメンバーが映る。みんなチャーリーに笑顔を見せにきたり、アイコンタクトをとったり、時折ドラムセットの前に全員集合して演奏したりしている。今回に限らずこういうシーンを目にするが、いつも<かけがえのない強い絆>を感じる。これこそがバンドである。やっぱりバンドって最高だ。さらに涙。
ミックのメンバー紹介にはいつも愛を感じるし、最後に紹介されるキースが歌うシーンも絶妙だし、ロニーも気遣いを持ちつつここぞの場面でバッチリキメる。ダリルも今や欠かせない存在だし、ゲストミュージシャン達も楽しみながら強力にバックアップする。

『スタートミーアップ』あたりからの後半の怒濤の名曲連発は、凄まじかった。何十回、何百回と聴いてきた思い入れ満載の曲が極度の興奮を与えてくれて、歓喜の涙が溢れた。

ミックのオリジナリティ溢れるステージアクション、そして変わらず腰をくねらせる独特でユニークなダンス、広いステージをフルパワーで駆け巡るタフネス、そして盛り上がっているオーディエンスに火に油を注ぐかのようにさらに煽りまくる天性のパフォーマンスにも、あまりに感動し号泣した。

今回の公演を見逃したのは、本当に後悔した。チケットを手配しようとしたのだが、マネージャーの『あんまりいい席取れなさそうっすよ。』の一言で、ミックのソロツアーから始まって今まで欠かさず観てきたが、『今回はいっかな。』などと安易に諦めてしまったのだ。そしてその後のキースのアクシデント… 無事にツアーは再開したものの、今度はミックの喉のアクシデント。そういう情報を聞くたびに後悔は強まった。だからこそこうして家で観ているだけで、涙が止まらなかったんだろう。

『ごめんね、ストーンズ。席なんて関係なかったよ、会場で酔いしれたかった。お願いだからまたニッポンにやって来て、唯一無比の極上なライヴを堪能させてください。』

P.S. ニッポンのロックスター・吉井和哉氏、誕生日おめでとう!我が道を極めて、悔いのない40代を突き進んでください。

2006.10.08 (Sun) 0:00:00