やっぱし友達っていいな!

昨夜は旧友のライヴを観に行った。
2バンド共に旧友がやっているバンドで、その上何人かの旧友も観に来てた。
しかも場所は渋谷・エッグマン。超久々に会う友達だけでなく、ライヴハウスまでひっくるめて懐かしさ炸裂な夜だった。

渋谷・エッグマンに行ったのは何年振りだろ?お客さんで行ったのはあまり覚えてないけど、確か数える程しか行ってないはずだ。デビュー前のレッドウォーリアーズを観て衝撃を受けたのは覚えてるけど。でもライヴは意外とかなりな本数をやっていたんだ。ムルバスの後期から出演し始めて、16レッグスでも何度も出演したし、更にはザ・イエローモンキーも超初期に出演した覚えがある。客席やステージ、特に楽屋なんかは、超久々に会った友人と同じ感覚でとても懐かしかった。

最初は、以前FROM HEESEYにも書いたことがある『ディナイアル』というバンドで、16レッグスでギターを弾いてたオカヒロがヴォーカルとギターを担当している。相変わらずジミヘンとカートコバーンが舞い降りたような狂気なギターで楽しませてくれた。

次は『ディープレッドドラゴン』というバンドで、やはり旧友である児玉しんちゃんがギターを担当しているバンドだ。とてもハードロッキンなギターを聴かせてくれた。彼はロックバー『ブラックモア』(どんな感じの曲が鳴り響いているかわかるでしょ?)のマスターをしていて、最近バンド活動を再開したのだ。彼とは遡ること18、9年前に短期間だったが一緒にバイトをした事がきっかけで知り合った。ちなみにそのバイトは、彼と同郷である吉井和哉氏も一緒だった。食堂のカレー、旨かったなぁ。

当然、その後の打ち上げは盛り上がらないわけはない。仲の良かった男女数人の中にムルバス〜16レッグスでバンドを共にしたドラマーのダックスも観に来ていて、ここには書けないような、若気の至りでは片付けられないような、とんでもない昔話に花が咲いた。『みんな変わらないねぇ。若いよなぁ。』と言い合ってると、女友達の1人に『HEESEYが一番変わってないよ、アンタ皺伸ばしとかしちゃってんじゃないの?』なんて言われた。それって(喜)?それとも(哀)?

持つべきものは友達。おかげで楽しい一時を過ごせた。みんなに口を揃えて
『早くまたバンドやりなよ〜っ!』と言われた。いつになるかわかんないけど待ってろよ、んで絶対観に来いよ!


1人肝心な人がいない元・16レッグス。右がオカヒロ、左がダックス。オミーにも会いたいよ〜っ!

2006.10.09 (Mon) 0:00:00