甘い罠

昨夜、渋谷公会堂でチープトリックを観て来た。
おっと、改築して『C.C.レモンホール』っていう名前になったそうな。
おい、それ、いいのか?<渋公>って呼べないじゃないか。
<シレホー>っていうのか?

そんな事はどうでもいいんだ。とにかく唯一無比のバンドが奏でる最高の
ライヴに酔いしれて、心から感動したのだ。
我がロックコンサート初体験は1979年3月の日本武道館に於けるチープ
トリックの<ドリームポリス・ツアー>。演奏がまともに聴こえない程の黄色い声援の中、味わった事のない快感に浸って、その後更に急速にロックにのめり込んでいった。あれから27年、その間にも何度か来日公演を観ているが、我が永遠のアイドル・キッスとはまた違った独特のパフォーマンスと珠玉の楽曲にいつも感動をいただいた。今回の新譜『ROCKFORD』が原点回帰していて
良かったので、ライヴも期待でいっぱいだった。

場所は違えどあの時の4人がステージに現れると、もうすでにハイヴォルテージ。最近すっかり涙腺がゆるんでいるので、すかさず始まった熟練の演奏には、こみ上げてくるものがあった。まだ初日なのでネタバレしてしまうけど、セットリストはニューアルバムから数曲と往年の珠玉の名曲のオンパレード。我を忘れて踊りまくり、歌いまくった。
そう、この一緒に歌える絶妙なメロディーが彼等の魅力の1つなのだ。

常にイキっぱなしでハイになって楽しんでいたが、特に胸に焼き付いて印象深い場面があった(ネタバレ御免、でも代表曲だから許してね)。

チープトリックのライヴは、ほとんどギターのリックニールセンがMCをしてタイトルコールをするのだが、数少ないヴォーカルのロビンザンダーのタイトルコールで始まった『甘い罠(素敵な邦題だ)』。曲がはじまった瞬間、中学生に引き戻された。大好きで繰り返し聴いてた2ndアルバム、その頃のたくさんの想い出、胸がいっぱいになった。涙をこらえてサビの『CRYIN’』の部分を叫んだ。必殺のブドーカンヴァージョンである。オーディエンスも同じく大合唱。

そして『VOICES』。彼等の名曲は数あれど、マイベスト10の上位にランクされる名曲だ。これまた想い出がたくさん詰め込まれた曲で、16LEGSの頃よくスタジオで遊びでプレイしたりもしてたので、感極まってまたも涙。しかし良く出来た楽曲だ。

最後にアンコールでプレイされた『サヨナラグッバイ(面白い邦題だ)』。トムピーターソンの12弦ベースが唸りをあげるイントロにノックアウト。すると今日からやっているイヴェント<ラウドパーク>に出演するアンスラックスのギタリスト・スコットイアンが飛び入りした。きっと彼は自分達と同世代なのだろう。とても嬉しそうにフライングVをかき鳴らし頭を振っていた。会場は絶頂。強力な盛り上がりで、名残惜しいライヴにピリオドがうたれた。

過剰なアクションとサーヴィス精神でステージを往来するリック。衰えを知らない歌唱力で7色の声を操るロビン。12弦ベースでボトムを彩り歌も披露してくれたトム。そして無二のビートを叩き出す重要人物バーニー。4者4様、個性がバラバラなのがチープトリック。最高な4人組だな。

これから観る人、ゴメンなさい。ついコーフンして書きなぐってしまいました。
でも、まだまだ最高な曲や場面が盛りだくさんで釘付けになるはずです。どうぞ、思う存分楽しんで来て下さい。出来る事なら全ツアー制覇したいくらいでした。ありがとう、チープトリック、愛してます。

P.S. チケットをとっていただいて一緒に楽しんでいただいて、終演後深く熱く語り合っていただいた、ライターの増田さん、本当にどうもありがとう。また機会があったら盛り上がりましょう。

2006.10.14 (Sat) 0:00:00