白雷鳥

鬼に金棒、
俺に雷鳥(THUNDERBIRD)なんちて…
どうっすか?ええっ?この’64年のホワイトボディ!
なんまらかっこいいっしょ?(何故に北海道弁?)
実はリハーサルに 同じく白の’91年の3ピックアップのサンダーバードも持って行ったんだよ。でもやっぱし今回はKaribowもMOTT THE HOOPLEが好きでこだわりがあって薦めてくれたし、オレも手に入れたばかりで是非とも’64年を使ってみたかったんだよ。実際に’91年のほうがバンドの音に混ざりやすいし、ボディのバランスもいいんだけどね。んで、『当日LA MAMAのアンプで比べてみて決めるかな?』とも考えてたんだけど、結局時間の余裕もなく’91年のはスペアって事でリハも本番も’64年のコイツを唸らせました。やっぱし’60年代モノは素晴らしいや。年輪?貫禄?使う人の好みがはっきり分かれるだろうけど、オレは大好きだなぁ、あの太々しくて図々しいサウンド(笑)。

『当日のリハーサルでみんなの気分を盛り上げようとして、以前貰ったKaribowのTシャツを着てプレイしたよ!』っていう事を書くために撮ってもらった写真なのにベースの話になっちゃいました。まぁ、いっか?

2006.11.26 (Sun) 0:00:00