おかえり ロックスター!

吉井和哉氏のツアーファイナルを観に、
記念すべき日・12月28日に思い入れ満載の聖地・日本武道館へ行って来た。
とにかく最高にブラボーなロックショーを体験させてもらった。
まさに『THANK YOU YOSHII KAZUYA』だったな。

満員の武道館全体が愛に満ち溢れた空間になっていた。
こんな事って誰にでも出来る事じゃないぞ。
うまく言えないが改めて吉井和哉という男の『人間力』は強力だなぁと実感した。
そしてそのパワーは強まる一方で計り知れない可能性があると思った。
音楽ライターのような事を偉そうに言ってゴメン。でも本心だ。

今回観ていて何よりも嬉しかったのは『祝・ロックスター・吉井和哉、完全復活!』だ。それは『ハデなルックスに戻った。』とかいう単純な事ではなく、何年間かの貴重な経験をして成長した上でのロックスター復活だからこそ意味があるんだと思う。無責任な事を言わせてもらえば、ロックスターでいる事はヤツの使命なんじゃないかな。だってきらびやかで、シニカルで、いかがわしくて、強いオーラを持っていて…って挙げればキリがないほどの魅力を持っているんだから。きっとヤツの事だから来年以降、また予想を覆すような活動をするかもしれない。でもそれがまたヤツの魅力の1つなんだけどね。またまたライター気取りでゴメン。

何?『元メンバーの事褒めまくってないで早くおまえも動け!』って?
いやぁ昨夜はそれだけ刺激されたんだよ。
『ちっきしょーめっ! オレも頑張っちゃうぞっ!』ってね。
わかってるよっ、来年はやっちゃうよっ!待ってろよ!

2006.12.29 (Fri) 0:00:00