すぐ復活マン

15時間寝た。
途中一度しか目が覚めなかった。
悪夢にうなされ汗だくで目覚め、着替えてまた寝た。
起きて15時間も寝た事にビックリすると同時に、カラダからダルさがなくなっていてスッキリと爽快感。こんなに寝たら逆にダルくなりそうなのに。
熱を計ってみたら36.7度。カラダが軽くて嬉しかったので、鼻歌まじりでシャワーを浴びて、相変わらずの食欲を満たして、トイレに行ったらちゃんと固まって出た。はい、完治。

しかし高熱とかで具合が悪かったりすると悪夢や変な夢を見るのは何故?

オレの場合最近は見なくなったが、物心ついた頃から中学生位まで必ず同じ悪夢にうなされていた。今それを思い出してもとても怖いのだが、『太く巨大な象の足のようなモノ(っていうかたぶん象)に踏みつぶされそうな夢』なのだ。オレは輪廻転生を信じているので、この悪夢はきっと前世に関係あるんじゃないかななんて真剣に思ってしまう。具合が悪くなくても同じ夢を見る時があるけど、それもなんかあるのかな?
でも昨夜は『北朝鮮で怖くて辛い思いをしながら、なにやら使命感をもって地下活動をする夢』だった。ある意味、超悪夢。ブラックだな、リアルだな、オトナになったな。

もう一つ、悪夢じゃないけどこれもよく見る夢。きっと着替えてもう一度寝てから見たのだろう。
『ライヴ直前に衣装がトラブって慌て焦っている夢』。昨夜はザ・イエローモンキーの時の夢でどの衣装でどんなシチュエーションかまで鮮明に覚えている。あと多いのは『ライヴ直前に曲を覚えきっていなくて慌て焦っている夢』。
さすがに活動が長く異常な本数のライヴをやったのでイエローモンキーの夢が多いが、同じような夢で時々実際にやった事のないバンドの時もある。たとえばジーンシモンズ師匠が病気で代役を頼まれて、すでにフルメイク・フルコスチュームになっていて『うわぁ火を吹けないよぉ、高い所は苦手だよぉ、全曲フルコピー出来てないし、歌詞も覚えてないよぉ…』と慌て焦っている夢。あり得ないだろ、それ。ちょっぴり願望もあったりして。まあ違う意味で夢っちゃあ夢か(苦笑)。

あっ、書くの二度目ですけど、CheaSSはフルメイク・フルコスチュームではありませんし、火は吹かないし血も吐きません。12弦ベースも5本ネックギターも登場しません。曲もフルコピーじゃありません。あしからず、御了承ください。

みなさんご心配をおかけしました。一日で復活出来てラッキーです。これからは健康には充分気をつけます。何より<暴飲暴食厳禁!>ですね。
さてと快気祝いにキリン・クラシックラガーでもグビっと飲るか(ウソ…もうちょっと我慢します。えっ、我慢なのか?)
調子にのって枚数限定でCheaSSのピック作っちゃいました!しかも白と黒。
写そうとして並べてたらオセロやりたくなっちゃった。いや、オセロっていってもあの…や、やめとこ…

2007.03.09 (Fri) 0:00:00