地獄の軍団の虜の一人

先日から時間をみつけては昨年10月にアメリカでリリースされたKISSのDVD『KISSOLOGY  VOL.1 1974-1977』を観て超盛り上がっている。きっと観ている時のオレは14歳だろう。

日本盤が出るまで待とうと思ってたが半年経っても出る話は聞かず、リリース後すぐにKISS ARMY仲間からは大絶賛のメールが何回か届いて、その度に妄想が破裂する程膨らんでいた。CheaSSを結成し何かと忙しい日々を過ごし、気にはかけつつも輸入盤を買おうかずっと悩んでいた。しかしよく考えるとCheaSSでプレイするにあたって最高の参考になるなぁと思い買う事にした(かなり自分に言い訳しちゃってるけど)。

しかし『KISSOLOGY』はまず某ネット通販でしか入手出来ないようだ。確かに外資系CDショップに行っても一度たりとも見たことがない。その上DVDのリージョンコードがアメリカと日本と違うため、通常のプレイヤーでは観れないときたもんだ。っつうことはDVDを某ネット通販で購入し、更にリージョンフリーと呼ばれるどんなリージョンコードのDVDも観れるプレイヤーをも入手しなければ『KISSOLOGY』を堪能出来ないのだ。
『よっしゃあ、上等じゃねぇか、こちとら筋金入りのキッスの虜よ!』とばかりに速攻で(といっても半年遅れ…)その2点を手に入れた。プレイヤーは中国製で1万円以下で買えたが、DVD本体より高い。きっと他のDVDは国内盤を買うので、ハッキリ言って『KISSOLOGY』をいち早く観たいがためにこのプレイヤーを買ったわけだ。なんだかなぁ(嘆)…

挙げ句の果てに前述のKISS ARMY仲間からの情報。『KISSOLOGY』にはボーナスディスクが付いているのだが、これがなんと3種類あるのだ!だから同じセットを3つ買わないと3種のボーナスディスクが揃わないんだな。おいおい、ジーン社長、いったいどこまで儲けるんですかっ!? んで<VOL.10>までリリースするっていう話。もうここまでくると笑っちゃうね、いろんな意味で。
社長、南の小さな島の1つくらいオレにください!

だって同じく数ヶ月前にアメリカでリリースされた『KISS ALIVE ! 1975-2000』っていうCDも4枚組で、そのうち3枚はリマスタリングされて音質は良くなったとはいえ既にリリースされているALIVE 1〜3なのだ。だから新音源はDISC4の2000年のライヴのみなのだ。しかも収録曲目がほとんど他のライヴ盤とカブっている。でも結局これも買っちゃったんだけどね。

話はそれたが『KISSOLOGY  VOL.1 1974-1977』の内容はというとやっぱしゴキゲンちゃんなんだな! ここだけの話ほとんど全部以前画質の悪いブートレッグで観たことあるんだけど、こうして改めて画質が良い(といってもそれなりにだけど…)デビュー直後から絶頂期の映像を観ると妙に新鮮だし、新しい発見もあったりで、結局超盛り上がってしまうのだ。個人的に一番好きな時代のキッス(’75〜’77年)がオレに火を付けるんだ。こりゃCheaSSにも影響しちゃうな。勿論Cheap Trickの映像もかなり観ましたけどね。

結論。『欲しくなければ買わなければいいのだ。』以上。

オレのような『地獄の軍団の虜』は実際のところかなりいる。きっと知り合いでない人なんかも沢山いるはずだし、全世界にいるわけだから相当な人数なのだろう。音楽ライターの増田勇一氏の言葉を借りるなら、まさに『…抜け出す必要のない地獄は、実はきっと、天国以上に楽しい場所だったりもする…』である。やっぱしKISS ARMYはやめられない とまらない!
P.S. KISS ARMYならもう御存知でしょうけど、KISSが好きな方々にオススメの超強力な本があります。その名も『地獄の収集〜キッスロックグッズ大全』!
KISSショップ<BLACK DIAMOND>の店長・水原義治氏が監修・構成をやっている恐ろしくマニアックでフリーキーなキッスのグッズがドカ〜ンと掲載されている驚愕の本です。興味がある方は是非!

2007.03.18 (Sun) 0:00:00