ギターでぶっとばせ!

チーッス! 4/29の『MICK RONSON MEMORIAL 2007』での
DJ OVEREND BOLDER(オレなんだけどね)によるセレクトをリストアップしておきます。是非是非チェックしてみてみて。

☆PART 1
1.LET’S SPEND THE NIGHT TOGETHER
2.QUEEN BITCH
3.GROWING UP AND I’M FINE
4.ALL THE WAY FROM MEMPHIS
5. PRETTIEST STAR
6.SATELLITE OF LOVE
7. SATURDAY GIGS

☆SET CHANGE TIME OF THE BAND
1.VELVET GOLDMINE
2. STAR
3.THE MAN WHO SOLD THE WORLD

☆PART 2
1.CLOCK WORK ORANGE〜HANG ONTO YOURSELF
2.WATCH THAT MAN
3.CLEVELAND ROCKS
4.PLAY DON’T WORRY
5.HOLY HOLY
6.GIRL CAN’T HELP IT
7.THE JEAN GENIE
8.THE GOLDEN AGE OF ROCK’N’ROLL
9.SLAUGHTER ON 10TH AVENUE

: MICK RONSON   : DAVID BOWIE   : LOU REED  
: MOTT THE HOOPLE  : IAN HUNTER

やあやあ、何日間か曲をセレクトするのにミックが弾いてるアルバムを片っ端から聴き漁ったけど、やっぱ尋常じゃないわあの人!ギターが強烈なだけでなく、歌も素晴らしいし、何といってもアレンジ力がハンパじゃないっ!そんでもってルックスがアレだもん、もう当時オレがおねえちゃんだったら虜だったな、すべて捧げてたな。んで共演しているミュージシャンがまた強力。いやいや、BOWIE、REED、HUNTERは当たり前で、それよりオレにとってはミックを支えたリズム隊(特にSPIDERS FROM MARSね)やピアニスト(特にマイク・ガーソンね)、その他彼のまわりのミュージシャン達が大好きなんだな。
ベーシストで言えば、オレ、しょっちゅうジーンシモンズ師匠なんて言ってるけど、SPIDERS FROM MARSのトレヴァーボルダー氏もかなり影響受けまくりの師匠だもんなぁ、元気かなぁ?また御会いしたいもんです(勿論、DJネームのBOLDERは彼からいただき、OVERENDはMOTT THE HOOPLEのベーシスト・OVEREND WATTS氏からいただきました)。

とにかくどんなパートの人でもミックロンソン関連の作品は絶対にオススメですぜ、最近じゃミックの’70年代のソロアルバム2作も紙ジャケ仕様でリリースされちゃってるんで、これは『聴かなければいけない(MUST)!』。

P.S. 今後もまたDJの予定あり! でもまだまだ修業中なので正式に告知しません。
どうぞ、アンテナを張り巡らせて待っていてくださいまし(DJネームがヒントかも、でもベーシストとは限らないかも…)。
これが噂の(?)『アーサーケインモデル』(『なんでいきなりNEW YORK DOLLSなの?』だよね、でもいかにもそんなニュアンスでしょ? わかってもらえるかな?)。2002年、N.Y.にてゲット。どこからがヒールなんだかわかんないでしょ? 横にいる‘61年のプレベに笑われてる感じ(恥)…

2007.05.02 (Wed) 0:00:00