鶏が先か?卵が先か?

いつもいつも思い悩み迷う事。
名付けて『鶏が先か?卵が先か?』(ちょっと違うかな?)

例えば以前ここにも書いたが(4/22参照)、CheaSSのライヴ3本分のセットリスト。曲順はともかくとして、曲のセレクトだ。自分でも『そりゃ考え過ぎだよ!』って位考えてしまった。特に時間制限があったからなおさらだ。有名曲はハズせないし、あまり知名度がなくてもプレイして楽しい曲や思い入れがある曲もハズしたくない。オーディエンスが求める曲とアーティストがプレイしたい曲は必ずしも一致しなかったりする。さあそんな時どっちを選ぶか…

大袈裟だけど、オーディエンスやリスナーの欲求を満たすという事はエンターテイメントの基本でとても大切な事だと思う。自分でもライヴで聴きたいと思っている曲が聴けたり、CDを買って好みな作品に出会えたらとっても盛り上がるもんな。でも反面、知らないアーティストや曲でも
魅力を感じたら貪欲に情報を仕入れたりしてもっといろいろ知りたくなるんだ。これはオレだけじゃないと思う。

最近何度かDJをやってみたけどやっぱり同じ事を感じる。有名曲でみんなで盛り上がるのは確かに楽しい。でも自分は好きだけど知名度がない曲を『これでもくらえ〜っ!』って感じで聴いてもらいたいとも思うわけだ。もしオレが聴いている立場だったら聴いたことない曲にビビっとキたらそれは刺激になるし、やっぱりもっといろいろ知りたくなるもんな。今も『今度何かけようかな?』なんて曲をセレクトしてて、いつもの葛藤が始まっているんだ。まあそうは言っても深刻に考え込むんじゃなくって、思い悩み迷う事を楽しんでたりもするんだけどね。

わあ〜っ、でも何だかうまく言えなくてもどかしいなぁ。ザックリ言うと<みんなを確実に楽しませる事>と<自分が楽しいと思う曲などをみんなに広めていく事>の微妙なサジ加減ってことになるのかな? バランス感覚かな? 

『おぅ、HEESEY!そんな事迷う事じゃねぇだろ?おめぇの好きにやれよ!ズバっと切り開いていけよっ、みんなついてきてくれるぜ!』っていう声も聞こえるし、 
『ねぇ、HEESEY!悩んでてもつまんないじゃん?いつものヤツでパーっと盛り上がろうよっ、みんな帰っちゃうよ!』って声も聞こえるんだよな。
でもどっちも自分の声だったりして。久々に酔って書いてるから取り留めもなくていかんなぁ(反省)。

『鶏が先か? 卵が先か?』、『アーティスト優先か? リスナー(オーディエンス)優先か?』…やっぱり何か違うな。

2007.05.16 (Wed) 0:00:00