チキュウヲスクエ

チーッス! 実はチャリティ・イヴェントに参加しました。
今年25周年を迎えるロック・アイテムの老舗『JAP工房』が主催する
『ROCK SAVES THE EARTH(ロックは地球を救えるか!?)』というテーマで、数字の6と9の形の
木製のブロック『WOOD ROCK BLOCK』を使ってカスタマイズ作品を創り、展示し、チャリティオークションにて販売し、収益金を植樹の為に活動している団体へ寄付をするという企画です。

すでに6/1から吉祥寺のJAP工房直営店・Guild-Unit内のギャラリースペースにて『WOOD ROCK BLOCK 69』と題して展示会が開催されてます。初日にパーティがあってJAP工房のドン・川上登氏にご招待いただき展示会を観覧させてもらいました。いやぁ、本当に凄かった! JAP工房にゆかりのあるクリエイターの方々の作品たるや、もう素晴らしき芸術の数々。そこに申し訳なさげに『小学生の自由工作』的なオレの作品も展示させていただいていて、かなり情けない。勿論一生懸命創ったので十分情熱をこめたつもりだけど、あまりにもクオリティの高い作品の中で完全に浮いちゃってたな。まあ逆にそれも目立っていいか?

発端はひょんなことから知り合った竹谷隆之氏からのお誘いだった。竹谷氏といえば日本を代表するカリスマ・フィギュア造形作家であり何と同い年なのだ(彼の名前で検索してみてください、凄いことになってます)。何度か食事をしたり飲んだりと仲良くさせてもらっていて、去る3月には原宿ラフォーレで行なわれた彼の参加しているSICの展示会にも招待していただき、感涙するほどの衝撃を受けた。特に仮面ライダー関連やキカイダーなどの『石ノ森章太郎作品』の完成度は<同い年>を誇りに思えるほど素晴らしく、愛と情熱に満ち溢れていて、めちゃくちゃ強烈な感動を与えてくれた。そんな竹谷氏がJAP工房関連の仕事もされていて、オレはオレで以前何度かGuild-Unit
に足を運びお店の方とお話ししたこともあったりで、今回のイヴェントに参加することになったわけだ。

制作にあたっては竹谷氏のアトリエを使わせていただき、ここでまた感激。オレのようなオヤジコドモにはまさにパラダイスだった。あちこちに無造作に飾られた過去の強烈な作品の数々。見たことのないパーツや材料や道具の数々。そして目の前で作業する竹谷氏とスタッフのみなさんのプロフェッショナルな姿。何もかもがとても刺激的だったな。しかも竹谷氏直々にお手伝いしていただいたりして、本当にお世話になった。どうもありがとうございました。

展示会に招待していただいた際にJAP工房の系列店のバー・BAR JAPで川上氏をはじめJAP工房の方々や他のクリエイターの方々と一緒に楽しく飲んだ。さすがJAP工房の系列店だけあって、内装がかなりロックっぽくて居心地のいいバーだった。そこで十数年振りにバンド仲間と再会して、とても懐かしかったな。彼がいろいろCDをかけてくれた。かなりいい調子で酔ってきて気になっていたDJブースを覗きこんだら、ついつい盛り上がってDJをしてしまい、その後今度はいい気分で
踊りまくった。ここではよくDJイヴェントも行なわれているようなので、そのうち参加させてもらおうと思っている。お楽しみに!

竹谷氏、それに川上氏をはじめとするJAP工房関連のみなさん、他のクリエイターのみなさん、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

そんなこんなでオレの作品はこちら。
いかがですかな? このいたいけな作品(笑)。ほんっと小学校低学年並みでしょ? でも『ロックシテ ロールセヨ』って言葉が我ながら気に入ってます(セルフ・フォロー)。

上記の展示会は6/17まで行なわれ、その後チャリティオークションになります。情報が遅れて申し訳ないけど、興味のある人は是非チェックしてみてください。

*JAP工房 オフィシャルサイト

2007.06.11 (Mon) 0:00:00