Mr. BEAT MASTER

一昨日「いってきま〜す!」と出掛けたのは某レコーディングスタジオ。
あるアーティストのレコーディングに参加した(OKになったらちゃんと発表します)。
なんとも実り多き体験だったな。とても勉強になりましたな。

まず、THE YELLOW MONKEYの多くの作品でお世話になったエンジニアの山口州治さんと久々に再会し、数年振りに一緒にレコーディング出来て感激してしまった。やっぱり心地良い“山口州治”サウンドは信頼できるし、とにかくカッコいい。ラフミックスを作っている時のノリノリの州治さんが物凄く懐かしかったな。

それから、日本屈指のスーパードラマー・そうる透さんとは今回初めて一緒にリズム隊を組ませていただいた。透さんは5歳で音楽隊に入隊、12歳でプロデビュー、15歳からスタジオワーク&セッションを重ね、参加曲はなんと数千曲(!)だという。超絶テクニックと柔軟で多彩なセンスを兼ね備えているのは勿論のこと、そこにいるだけで場が明るくなるような気さくで素敵な人柄な上、何よりいろんな音楽が大好きなのがヒシヒシと伝わってくる感じがした。こういう素晴らしい人だからこそスタジオでもライヴでも<ひっぱりダコ>の超人気ドラマーなんだろうなと一人勝手に納得してしまった。経験が多い分オシャベリも面白かったな。ちょっとしたリズムの解釈を解りやすくスパっとアドヴァイスしてくれたりしてとても嬉しかったし、こうして一緒にレコーディング出来て感激だった。

おっと、それ以外の人達を書くと誰のレコーディングだかバレちゃうんでこの辺にしときますか。こういう素晴らしいレコーディング・セッションに呼んでくれたT君をはじめ、携わってくれたみなさんに感謝です。ありがとう!

P.S. 4曲レコーディングして4本のベースを使いました。’61年のプレベ、’62年のジャズベ、スペクター、リベレイター。どれも曲にマッチしていてグッドサウンドでしたぞ。
そうる透さんと。ドラムも人柄も最高だし、その上メチャクチャオシャレなんだよな。機会があったら是非また一緒にプレイさせていただきたいもんです。

2007.07.09 (Mon) 0:00:00