ありがとう、トキオー!

チーッス! ジャパン・ツアー、名阪に続いてのLa.mama は、更に「キモチイイ」2daysになりましたぜ!

自分でいうのもおかしいけど、「カヴァーバンドでも回を重ねると進化して脂がのってくるんだなぁ。」と感心してしまった。アレンジしたりメドレーにしたりとオリジナルと変えている部分も、4本ライヴをやってきた事でまるで自分達のオリジナルかのように磨きがかかっちゃったりして、まさに「たかがカヴァーバンド、されどカヴァーバンド」っていうフレーズがピッタリな感じだな。きっとメンバー全員が「真剣に遊び、本気で楽しむ」って言う事を実践しているからだろうな。La.mama2daysは、特にM.C.とかも自分でしゃべってて笑っちゃうほど変テコなテンションだったな。(きっとオヤジギャグ的下ネタ的テイストだなんて言われてそうだけど…)決して演奏が超絶的に巧いわけでもなく、トークが極上のエンターテイメントなわけでもないんだ。まず何よりメンバーもオーディエンスも楽しもうとしているからすごくいい感じの磁場が生まれて、ライヴ中の空気の流れがROLLしているのを感じたな。思い過ごしじゃないはずだ。

そうそう、La.mamaの初日のリハーサル直前に、CheaSSのライヴでほぼ毎回使っている3ピックアップの白のサンダーバード・ベースのパーツが壊れた。急遽自宅にシルヴァースパークルのサンダーバードを取りに行ってもらい、事なきを得たが、こういうトラブルは久々だったのでちょっと焦っちゃったな。音色がかなり違うので、開場直前にもう一度サウンドチェックして調整した。久しぶりに銀ラメのを使って新鮮だったので、本番はバッチリだったけどね。

La.mama 2daysを観に来てくれたミナサン、共演バンドのミナサン、La.mamaのスタッフのミナサン、そしてCheaSSを支えてくれるスタッフのミナサン、思う存分楽しめました。どうもありがとう! いよいよジャパンツアーも残すは博多のイヴェント1本となりました。ラスト1本もドカ〜ンとギンギンにいきますぞ! ご期待くださいまし。

それでは、リピート アフター ミー!
「ピーターの  ヒゲをずらせば  モトリー・クルー」
オレ、イッちゃってます(笑)。

2007.09.26 (Wed) 0:00:00