居候・ラファエル

「うわっ、何、ウ◯チ?」(いや、そうは見えないけど…) 
「はっ? 誰がウ◯チだ? 失礼な。うちの居候のカエルちゃんだよ!」
ってなわけでカエルちゃん撮影成功である。
いつ頃からか忘れたけど、庭にカエルが住んでいる。夏前後くらいからかな。
以前もイモリや蝶を見かけたとか、<なんちゃって・ガーデニング>とか、しまいにゃカエルがいるとかってココに書いているからって、「さぞかし広いジャングルみたいな庭なんだろう。」なんて誤解しないでほしい。狭い庭に憩いを求めて、時間があると一日一回眺めているのだ。

最初、雨の夜にコイツを発見した時はメッチャビビった。いきなり現れてビックリして「うわぁ!」って声を上げて飛び跳ねてしまった。オレもカエルか?それ以来、夜、気がつくと庭に出て探してみる。だいたい50〜60%の割合で会える。いつも見つけるとホースをシャワーにして水をブッかけてあげる。すると必ずピョンと跳ねずに、ノソノソと歩いて草の影に隠れちゃう。善かれと思って水をかけてるんだけど、ひょっとして大きなお世話?

今、また庭に出たら雨が降り始めていて嬉しそうに草むらから出てきていたが、近づくとまた隠れてしまった。おいおい、もうちょっと愛想良くしろよな。
よし、『ラファエル』と命名しよう。毎日呼びかけたら、そのうちピョ〜ンと飛び跳ねて出て来ないかな?(ダメかよ…)

2007.10.31 (Wed) 0:00:00