横丁日和

昨日、時間ができて天気も良かったので、久々にアメ横に行った。只今発売中のColoに連載している『バカヤロウ様』でもアメ横について書いていて行きたくなっていたのだ。特にコレという目的もなかったが軽くブラっとしてきた。やっぱし面白いな、アメヤ横丁。

到着後、お気に入りのお店を一通りハシゴした。オレはアメ横時代にアクセサリーショップで長らくバイトしていたが、その前に1年足らず『アメリカ屋』というアメ横では有名な(今は渋谷にもあるよ)大型総合衣料店(カッコ悪いな、この呼び方…カジュアルショップ?…コレもカッコ悪い…)でもバイトしていた。当時から働いていて今では昇格してえらくなってる知人もいるし、最近輸入モノのカッコいい服がかなり充実しているので、アメ横に行くと必ず立ち寄るのだ。

更には、最近仲良しのバビロンスターってバンドがあり、そのメンバーのとしや(Ds.)が『アメリカ屋』でバイトをしていて、なんだか当時のオレを見ているようで面白い。ヤツは、さすがに長くバイトしてるだけあってロスアンジェルスあたりの新鋭ブランドとかに詳しい上にとってもオシャレさんだ。音楽の趣味も、あの若さで(確か2回り下のウサギ年?)何かと共通項があったりする。いつも音楽とファッションの話で盛り上がり、なんか気に入った服を買って帰ってくる。以前ココに載せた『エド・ハーディ』のオオカミのTシャツ(8/11参照)も『アメリカ屋』で買ったのだ。かつてオレがバイトしてた頃も多少はアメリカの輸入モノを扱っていたが、今ほど海外の粋な洋服はほとんど入ってこなかった。ちなみに今回はL.A.のブランドのトラがモチーフになってるカッコいいパーカを買った。

その後もTシャツ2枚とジーンズ1本を購入して帰って来た。いつもならもっと時間をかけてジックリ全て見て歩くんだけど、今回はちょいブラ(?)ってカンジでライトに楽しんできた。このくらいがいいのかもな、いつものコースだと見終わってグッタリするもんな(笑)。
しかし、改めて思ったけど『アメリカ屋』って物凄く大胆なネーミングだよね、トレードマークもベッタベタに星条旗だし。いい、いい、アメ横っぽい!
としやとオレ。若さっていいなぁ(哀…年の差、24歳?)。
ちょいと薄暗く怪しい時代の面影が残るガード下のお店。このタトゥー柄のTシャツ類は『YELLOW MAN』っていうニューヨークのブランドだって。これまたすごいネーミング(笑)。洋柄も和柄もあって、「おかげで<おっかないお客さん>が多いんすよぉ…」と、としやがボヤいてました(哀)。おっかないっていい響きだなぁ。

2007.11.13 (Tue) 0:00:00