鴬谷SUNDAY

チーッス! 昨日は、とても楽しく想い出に残る体験が出来たぞ。自分で言うのもなんだけど、CheaSS、いいライヴ・パフォーマンスだったな。

想像通り、東京キネマ倶楽部は最高に雰囲気のいい会場だった。エロスすら感じるほどいかがわしいんだけど、見方を変えるとちょっと芸術的で気品がある古き良き“昭和”なテイスト。昨今ライヴハウスがジャンジャン増えているが、こんなに個性的な所はないだろう。古めかしい造りだけど照明や音響などはバッチリでとてもやりやすかったし。さすが下町・鴬谷だ。さすが元・小劇場だ。楽屋が狭くて楽屋のトイレが隣のダンスホール・『新世紀』(超“昭和”なネーミング!)と共用だったり、エレベーターが小さくてお客さんが一度に少人数しか移動出来なかったりと、そういう不便さえ「しょうがないなぁ」と笑ってすませられるくらい、オレにとって居心地のいい場所だった。一発で気に入ってしまった。これからもあのステージで沢山ライヴをやりたいな。

そんな素敵な会場でのユカイ君とローリーとの共演もめちゃめちゃ楽しかった。開場前、2階VIP席のお客さんを対象に公開リハーサル的にセッションをしたのだ。ユカイ君(Vo.)、ローリー(G.)、三国さん(Kb.)、森君(Ds.)にオレ(B.)というメンバーで、『カサブランカ・ダンディー』と『GET BACK』をプレイした。当日リハーサルのみでアドリブギンギンでのプレイだったけど、スリリングでとてもいいカンジだった。ユカイ君が『レッド・すかんち・モンキー』と命名したのも可笑しかったな。

その後のCheaSSのライヴも物凄くキモチよかった。オーディエンスがみんな暖かい目で観てくれていたカンジがしてとても嬉しかったな。初めてサイトで見て以来ステージ下手にある階段とその上の小さなステージを気に入ってしまったので、何度かそこに上がってプレイした。これがまたいいカンジだったんだ。凝縮版とはいえセットリストもよかったのかも。

ユカイ君のライヴを2階席や3階席で観せてもらった。素晴らしいライヴだった。アルコールも入っていい調子だったので、レッド・ウォーリアーズ時代の曲とかを一緒に歌いながら観ちゃった。ローリーがゲストでプレイしたカヴァー曲もいいカンジだったな。3曲とも知ってる曲だったので飛び入りしたくなっちゃったわ。

近所の普通の居酒屋での打ち上げも面白かった。下町的家庭料理をツマミに話が弾み、楽しくグイグイ飲んでしまった。『星野ジャパン』に熱狂する相変わらずの野球マニアの三国さんが可笑しかったな。

そんなわけでとてもとてもゴキゲンなライヴでした。イヴェントに誘ってくれたユカイ君、ローリー、ユカイ君のバンドのみなさん、関係者・スタッフのみなさん、そして観に来てくれたみなさん、楽しい夜をありがとう!

SET LIST @TOKYO CINEMA CLUB

1.OH! CLAIRE
2.SURRENDER
3.DEUCE
4.HOT LOVE
5.I WANT YOU TO WANT ME
6.DREAM POLICE MEDLEY
7.C’MON AND LOVE ME
8.SHOUT IT OUT LOUD
9.ROCK AND ROLL ALL NITE MEDLEY
10.GOOD NIGHT

2007.12.03 (Mon) 0:00:00