がんばれ La.mama!

「La.mamaが火事になった!」っていう情報はその日のお昼頃には届いていた。かなりショックだったけど、きちんとした発表がまだだったのでココに書くのをちょっと待ってみた。
思ったより被害が大きかったみたいで、復旧のめどはたっていないようだ。全焼してしまったわけではないが、楽屋などの想い出いっぱいの場所が一瞬にして無くなってしまった。火災って本当に恐ろしい…
でも、凹んでばかりはいられない。ただでさえ多忙な年末、La.mamaのスタッフの方々は営業再開に向かい必死で取り組んでいるだろう。心配で様子を見に行ったバンドや、作業を手伝ったバンドも沢山いたと聞いた。オレは陰ながら応援する事しか出来なかったが、CHELSEA HOTELで強烈なカウントダウン・ライヴをブチかまそうと思った。La.mamaで年を越せないのはとても残念だけど、中止や延期になってしまった日もあるのに公演場所を変更してライヴが出来るなんてシアワセだ。ちょっとそれるが、今年はステージに立てる事に感謝する機会が本当に多いな。ありがたい事です。

20代前半から在籍した全てのバンドの想い出があの狭くて汚い楽屋にギュウギュウに詰まっていたけど、今年25歳になったLa.mamaがちょっとトラブって入院しちゃったんだ。そりゃ長く生きれば、山あり谷ありだ。なくなっちゃうわけじゃないんだから、これからまたジャンジャン想い出を創ればいいんだよな。『たかがライヴハウス、されどライヴハウス』だ、雑草のようにたくましく太々しく復活してほしい。今はとにかく心地良いカウントダウン・ライヴをやる事がCheaSSにとってLa.mamaへの“お見舞い”だ。

お調子者・CheaSS、張り切っちゃうよ、やっちゃうよっ!

2007.12.27 (Thu) 0:00:00