悪の秘密結社である

「ヒィーッ!!」
疲れがたまった悲鳴ぢゃないんだよ。
“挨拶”だよ。「チーッス!」みたいなアイサツだよ。
勿論、『HEEFEST』の「HEE(ヒィー)」ね。
これから『HEEFEST』が終わるまで、挨拶はコレだな。
ハワイの「アロハ!」みたいに、「こんにちは」も「さようなら」も「ヒィーッ!」。
なんだかショッカーの戦闘員みたいだな(笑)。アレは「イーッ!」か。
「イ」に濁点ついてるカンジだよな。
よしっ、「ヒィーッ!」のポーズはショッカーの戦闘員からパクろうじゃないか。

早いもんで『HEEFEST』まであと1ヶ月を切ったぞ。
もうほぼ曲のセレクトは終わってて、バンドの出演順とかも迷いつつも決まりかけてるんだ。
昨日は再び悪だくみーティング。「おぬしも悪よのぉ。」ってカンジで、いろんな準備と打ち合わせで一日終わっちゃった。なんだかクタクタ。
でもビール、旨いぜ! ヒィーッ!

3/19は、大好きなギタリストのランディー・ローズとポール・コゾフの命日だった。
去年同様(2007.3.19.参照)、2人の極上のギタープレイに酔いしれた。
今年はちょっとベタだけど、彼等の2枚の世紀の名盤を聴いて追悼してみた。
ランディーのギターが炸裂してるOZZY OSBOURNEの1stソロアルバム『BLIZZARD OF OZZ』と、ポールのギターがむせび泣いてるFREEの3rdアルバム『FIRE AND WATER』。
部屋で夜中に1人でめっちゃくちゃ盛り上がっちゃって、ギンギンにエアギターしてしまったぞ。
も〜う、「聴け、コノヤロウ!」ってカンジの名作だ。
ちなみに2作とも、ベースも最高にカッコいいのだよ。
こりゃ絶対マストだな。聴いた事ない人は悪い事ぁ言わねぇから「聴け、コノヤロウ!」。

あっ、そうそう、お待たせしちゃってるフリマ情報。
まだちょっと詳細が完璧に出揃ってないけど、決まってる事だけでも発表しちゃいます。
詳しくはINFORMATIONでどうぞ。
ヒィーッ!(あっ、フリマは関係ないね)
札幌でBILLYに借りて、初めて現行モデルのサンバーストのサンダーバードを弾いたのだ。 ’78年のヤツは10年以上前に使ってて映像として残ってるけど(『RED TAPE』だったかな?)、確かそれ以来サンバーストはステージで使ってないもんな。なんかすごい新鮮でいいな。

2008.03.20 (Thu) 0:00:00