OH!ギャル

♪…ギャル、ギャル、ギャル、ギャル、ギャルぅ〜  女は誰でもぉ〜スーパースターぁ♪
(作詞:阿久悠 作曲:大野克夫 歌:沢田研二)

ココでも最近やたら自虐的に『ギャルっぽい』だぁ『ギャル男』だぁ『ギャルオヤジ』だぁ『チャラい!』だぁとシャレ半分に自分を戒めていたけど、先日、別々のタイミングで古くからの友人達と話していて「あぁ、そうだったよな!」と再確認したことがある。

シーン#1
旧友A「ギャルっぽいバッグってどんなの?」
オレ「えっ、ブログ読んだの?コレコレ!」
旧友A「あっ、いいじゃん!ヒーセっぽいじゃん!(笑)」

シーン#2
旧友B「ギャルっぽいバッグってどんなヤツ?」
オレ「えっ、ブログ読んだの?こないだ写メ撮ったんだよ、ほらこんなカンジ!」
旧友B「え〜っ?ギャルっぽいっていうか、コレはモロ“ヒーセな”カンジじゃん?黒のエナメルで白いパイピングでシルヴァーの金具がついてて…なんかヒーセ、昔こんなカンジの衣装着てたじゃん(笑)。」

そうだよな、オレ、昔っからこういうテイスト、好きだったよな。エナメルだったり、ラメだったり、スパークルなカンジとか、その他諸々やたらとテカってるモノ。あとレースアップとか、フリンジとか、スタッズとかe.t.c….

「…ってことはだな、『オレがギャルっぽい』んじゃなくって、『ギャルがオレっぽい』んだよ!だってオレのが昔から“そういうテイスト”好きなんだもん。早過ぎだな。先取りもいいとこだ。ひょっとしてマネされてるんかね?…」

…と、ここまで書いたところで、
「オレはいったい何が言いたいんだ?だいたいコレ、45歳の男が持つバッグじゃねぇよなぁ?」
と、オレの中の天使。
「いやいやいや、邪道を進め!いつか王道になるぜ!」と、オレの中の悪魔。
そこでナイスアイディア。
「オシャレさんならTPOに合わせてバッグを代えればいいじゃん!」
…ってことで、オレがこのバッグ持ってる時は“ウキウキしてる時”です。よろしくっ!
や、でも、けっこう実家とかに持って行ったら
「おっ、いいねぇ、オシャレなカバン!どこで買ったんだ?」
とかオフクロに言われそうだな。洋品店やってただけあって、歳取ってもそういうトコちゃんと反応するもんな。
コレがウワサのバッグ。GEORGEとGINAとLUCYが作ってるらしい(どうやら違うらしい…)
“ZONA CARIENTE”っていう名前のバッグらしい。ドイツ製らしい。あんまり売ってないらしい。
男の店員さんが「こちら、レディスっぽいとお思いでしょうが、実はメンズのラインなんですよ。」と、いかにもセールストークっぽいこと言ってた。
「ホントかよ?まぁオレにゃどっちでも関係ないけどね。」
ちなみに内側はピンクとパープルのペイズリーの生地ですぞ。強烈〜ぅ…

2008.05.27 (Tue) 0:00:00