嬉しさも楽しさも3連チャン

TYO『一都六県ロール』の唯一の2連チャン、宇都宮&さいたまでのライヴが終わった。
どちらもキモチイイライヴが出来て、めっちゃくちゃ思い出満載な2日間だったわ。
ご来場のミナサマ、共演バンドやスタッフのミナサマ、本当にどうもありがとう!

宇都宮ではお約束通り(笑)、ギョウザを食べまくった。
ハシゴしちゃっていろんなお店の自慢の味を堪能しちゃったもんね。
食べに行く途中にあった大きな神社がとても神々しくて、これまた印象的だったな。
RAMA AMOEBAチームもギョウザ食べたらしく、
お互い“ギョウザパワー”でスタミナ満タンでのライヴ。暴れまくりましたぜ。
この日はセットリストにHEESEY WITH DUDESの『SOUL MATE』を加えた。
純粋にこのツアーでは、やりたいと思った曲をやってみたいっていう発想だけど、
思い起こせば、’04年に行われた『SOUL MATE』が収録されてる『H・O・O・O!』の
発売記念ツアー『野郎共のケモノ道』の初日は、宇都宮。
その会場は、<HEAVEN’S ROCK VJ-2>と名前が変わる前の<VOGUE>だったのだ。
正直、会場に到着してから気づいたんだけど、そういうこともあって、
名器ジャズベ・『ガメラ』を手にかなり入り込んで酔いしれてプレイしちゃいました。
客引きの垢抜けないおにいちゃんだらけの宇都宮ナイト、
メンバー全員と楽器スタッフで居酒屋へ。
ちょうど4本目のライヴの“中打ち”ってヤツね。笑い話マジ話ありで夜は更けて…

さいたまに向かうサービスエリアで佐野ラーメンを喰らい(笑)、
FURSとBLUE SAUCE BLOODと合流。
見事にステージもバックステージもバンド仲間だらけ、さらに身内ゲスト集合で和やか。
でもステージに上がると、どのバンドも「誰にも負けねぇぜ!」的に
めいっぱいのパワーを出し切っての白熱ライヴ。
TYOも連チャンだったことも影響して心地良いグルーヴ。
個人的にもこの日がこのツアーで一番キモチイイライヴだったかも。
いやいや、あと2本、これからも勿論、“キモチ良さ記録更新”しまくるけどね。

んで、昨夜は3/20@東京でのアコースティックライヴのリハーサル。
これがまたオカヒロ(G.)(→09.3.3.)を交えての嬉し楽しの夜。
ちょっとリハしただけで、アノ曲もアッチの曲ももうバッチリいいカンジ。
俄然、ツアーファイナルが楽しみになってきたぜよ!

さぁてと、また明々後日ライヴね。超楽しいな、ウィークエンドツアー。
でもあと2本だと思うとちょっぴり切なげ。
高崎も前述のH.W.D.のツアー以来の登場。イージーウォーカーズとも久々の共演だし。
六県目も楽しみ満載のロールである。
「それはドリルである。(コレを青森弁でね…)」(←名言)

TYO 3/7 @VJ-2&3/8 @VJ-3 SETLIST
S.E.『IT ONLY ROCK’N’ROLL(BUT I LIKE IT)』(ROLLING STONES)〜
〜『HEY LOVE』(WE ARE THE FURY)

3/7@VJ-2
1. FALLIN’ SLOWLY
2. TOKYO NIGHTMARE
3. RUNAWAY TRAIN No.9
4. READY TO LOVE
5. PLEASURE TOY
6. ラヴォロビュー
7. SOUL MATE (HEESEY WITH DUDES)
8. 愛されたい
9. LIVE FOR NOW
EN. BEER OR DIE

3/8@VJ-3
1. FALLIN’ SLOWLY
2. TOKYO NIGHTMARE
3. RUNAWAY TRAIN No.9
4. SHA LA LA
5. PLEASURE TOY
6. KILL ME GENTLY
7. DANCE WITH THE DEVIL
8. 愛されたい
9. LIVE FOR NOW
EN. BEER OR DIE

使用楽器: GIBSON THUNDERBIRD BLACKSPARKLE(EROGRO)
GIBSON THUNDERBIRD WHITE(TT)
FENDER JAZZ BASS BLACK(GAMELA)
3/7 HEAVEN’S ROCKの楽屋にて。ボーダーのTシャツを衣装のインナーにしたの初めてかも?
たぶん、ボーダーっていうだけで何十年振りだ!胸のプリントは今時っぽいけどね。
シンプルで定番なカンジでケバいのもいいやね!

2009.03.10 (Tue) 0:00:00