黄猿下町組大英帝国珍道中(後編)

聖地巡礼の旅・『オトナのイギリス修学旅行記』、続きだよ…

5日目。確か’97年に『パンチドランカー』のアルバムレコーディングに行った時に初めてウロウロしたイーストエンド周辺に、20年振りに出没してみた。吉井ロビンも同行。まずはスピタルフィールズマーケット。内容が曜日によって変わることもあり目当てのモノを売ってるストールがなかったので、別の目的の店に移動しようとブラブラとブリックレーンマーケットを通過。するとそこで古着やアナログレコードやらのストールが沢山連なる屋内のヴィンテージマーケットを発見。期待してなかったエリアだっただけに2人して「あららららぁ?」とか「おやおやおや〜?」とか言いながら超コーフン。

pic.by Kazuya Yoshii  なってったって店名が『HUNKY DORY』ですぜ!!
どうやらこの辺りは当時とはガラリと変わって、ココ数年でアーティストやデザイナーが集まって来てて流行の発信地的になってるみたい。マーケット以外にも通りの両サイドにお店が長く連なってて、片っ端からチェック。昼メシに食べた長い行列ができる店のデッカいビーフが挟まったベーグルがメッチャ旨かったなー。

イーストエンド、オモロかったなー…カズヤンがレコードをチェックしてる隙に、早速買ったサングラスを付けて自撮り…
その後は再びカムデン。週末に向かうにつれて人が増えつつあるマーケットをすり抜け駆け抜け(笑)、前日に買い逃した獲物を捕獲しつつ、新たなブツも発見しつつ、お土産も狩る。

カムデンのストールでアナログ盤を漁りまくるカズボン。
アレやコレやで両手に抱えきれない状態で部屋に戻り、夜はこの日到着したスタッフ2人と合流して再びインド料理ディナー。『リバプールからのイアン・ハンターのライヴ&アビーロードからのアリス・クーパー遭遇』っていう3&4日目の超絶ミラクルはなかったものの、ブリックレーン&カムデンでの“収穫祭”ってコトで、更に食後に部屋呑みして盛りアガった。


街で名前を見る度に八王子組・菊地ブラザーズに会いたくなっちゃった。今度は絶対みんなで来ようぜよ。

6日目。下町組は別行動。

迷わずオレは合流したスタッフとポートベローマーケットへ出没。途中から単独行動するも、ちょいちょいロビンからLINEで情報が入った。別行動だけど結局2人共ポートベローを彷徨ってたみたい(笑) 

世界中の料理が溢れるフードコートで、ドイツのホットドッグとイタリアのビールをチョイス。イイ気分でパツンパツンのリュックを背に、その後は再びコベントガーデン〜グリーンパークを闊歩。一度部屋に戻り、地下鉄2駅分を散策し(久々に見た街並がサイコー…)、スタッフチームと合流して伝統的イギリス料理でディナー。毎日物凄く歩きまくったけど、この日が1番だったな…

悲しい出来事があったので、外からだけどケンジントンチャーチの前でしばし佇んで礼拝。

名立たるアーティストが名演を繰り広げた伝説の会場・ロイヤルアルバートホール。

7日目。

イギリス滞在最終日は、ほぼ1日カムデンにいた。まずはお土産を総仕上げ。そしてお気に入りのマーケットを最終チェック。ランチはフードコートでメキシカンをチョイス。ペロっと平らげたらまた彷徨い、次はビールで休憩。

またブラブラしていろいろと発掘して、今度はオヤツにチュロス。

シメはサングリアでホロ酔い。コレ、メッチャ旨かったなー!

「カムデンにカンパイ!」 ユニオンジャックの自撮り棒で撮ったどー。 マーケットでごった返すカップル、ファミリー、地元の人達、多くの観光客、 休憩中の店員さんe.t.c….に紛れてカムデンの雑踏に酔いしれたよ。
結局夕方になるまでグルグルと歩き回っちゃあ休んでの繰り返しでマーケットを完全制覇。イカレてる、絶対イカレてるわ、アタシ(笑) 54歳の行動じゃないわ…
夜は全員集合してシーフードのディナー。スウィーツもいただいちゃいましたわ。嬉しい悲鳴をあげながらの荷造りで最後の夜は更けていった…


コチラ、オレ撮影のスペシャルショット。リバプールのレストランで豪快にチキンをさばくロビン・レノン。

ちなみに左上のサーモンのグリルは、早朝カズドンが隣の部屋から調理してオレの部屋に持って来てくれたよ(笑)塩コショウだけの味付けだけど超デリシャスでしたぜ。ごちそうさま!あ、その横が前述のブリックレーンのベーグルだな。あとは省略…

しっかしまぁ、色々色々食べましたな。いろんな国の料理を楽しみましたわ。レストランの伝統的なイギリス料理からストリートのフードコートのちょいジャンクなディッシュまで…それもまたイギリスの醍醐味のひとつだね。

名残惜しさハンパなくて空港に向かうタクシーの中で景色を眺めてチョイとウルウル。過去二十数年の例外に漏れず、今回も大量の荷物と一緒に無事帰国した。大英帝国の奥行きの深さに驚嘆しちゃったわ。次回は是非メンバー全員でイギリスに行きたいな。レコーディングやら撮影やら?あ、みんなでユルユルと散策もしたいな。リバプールへ行ったのも素晴らしい体験になったことだし、今度は他の地方都市やカントリーサイドなんかも是非訪れてみたいな。6&7年前に行ったニューフォレストやワイト島なんかも超サイコーだったしなー。

さて、前編後編にわたっての超濃密な渾身の力作、いかがだったでしょうか?長編大作になっちゃいましたが、楽しんでいただけたら幸いでございます。出来ればまた近いうちに絶対にオジャマしたいと願っております。ありがとう、イングランド♡ SEE YOU SOON♡

2017.07.09 (Sun) 20:12:52