雷神鳥の更なる飛躍を目指して

火曜日も昨日もいつもお世話になっている楽器屋さんに行った。

今回のお話の主役はコチラ。 しばらくライヴのないこの時期にと、今月の始めにメインの愛器・’64年製ギブソン・ サンダーバード・ポラリスホワイトを預けてフレット交換をしてもらってたので、 それを受け取りつついろいろとメンテナンスやらカスタマイズやらをしてもらった。
まずはフレット。仕上がりは上々。 気になってたサウンドの不満な点も解消されたし、弾き心地が格段に良くなった。 リフレット後はしばらく弾いて馴染ませると 安定してくるらしいけど、既にかなりイイカンジ。
次にネック調整と“電気系統”のカスタマイズ。“電装系”はオレ自身苦手なので、 今まで自分から進んでいろいろとイジった経験がなかった。 でも当然エレクトリックな楽器なワケで、“電装系”をイジることで 自分の好みのサウンドに調整できるのは明白。 今回は時間に余裕があることもあり、カスタマイズする本体以外にも 別のヴィンテージバードを2本持ち込んで取っ替え引っ替え試奏し、 それぞれの良さをいつもお世話になっている店員さんに伝えながら、 何度も何度も微調整を繰り返して更に自分の好みの音色に近づけてもらった。 こんなに急変するとは思わなかった。侮れないな、“電装系”。

サウンドやカラーリングのサンプルとして同行した ’64年製白サンダーバードⅡ『ユニセフ』。コイツはグッドコンディション!
メインで使ってきてはいたものの、正直、不満な点もあった白バードだったが、 リフレットやカスタマイズのおかげでほとんどの不満な点は解消され、 弾き心地もサウンドも俄然良くなって超ハッピーだ。
…と本当はココまでは火曜日の話。 これで一応完了の予定だったけど、今後もこの白バードをメインで 弾き続けるべく熟考した末、更に一歩突っ込んだカスタマイズを決意した。 それはリフィニッシュだ。つうか9年前に入手した時に既にリフィニッシュしてるので、 厳密には“リ・リフィニッシュ”だな(笑)
今年初頭にシルバーにリフィニッシュしたバードを、黒に“リ・リフィニッシュ”した時に、 サウンド的にも良くなったのもきっかけの一例。 それ以外にもココ数年間で赤バードもノンリバース・白バードもリフィニッシュをした。 どれもかなり薄目に再塗装してもらったことで、確実にサウンド面に 良い影響を及ぼしているから、更に更にキモチイイ音色になることを期待しちゃってるのだ。 現状の白バードの塗装はかなり厚く、サウンド面に悪影響を与えてる感がある。 その厚めの塗装を一度全部剥がして、もう一度薄目に塗装し直すってワケだ。
で、何色に塗り替えるのか?  勿論、白!(笑) ポラリスホワイトである。 勿論カラーリングの加減は年代的にもきちんとこだわって、 絶妙な色合いにしてもらうという前提で。 「白から白に再度リフィニッシュすることで、 ルックスとサウンドの両面での更なる向上を目指す!」…仰々しく書くとこういうコト。 前にも書いたけど、「自分のサウンドは鏡のように自分を映し出す」と思うし、 ルックス的にも自分で「カッコイイ!」と思える楽器とステージを共にすると ヴォルテージもアガりまくるからね。
そういうコトで昨日、またしてもサンプル的に2本持参して楽器屋さん行き。 再塗装する白の色合いとか仕上がりの風合いとかを、再び超マニアックな沢山の情報を 元に話し合った。これがまた今まで聞いたことないような話が飛び交って、 サイコーに興味深い内容。いよいよオレの<雷神鳥ヲタク道>は極まりまくってるぜ(笑)

’64年製黒バード『BIB』もサンプルとして同行。 ちょっとイジってもらい、俄然コイツもグッドコンディション!
リフィニッシュには塗装を乾かしたりする行程もあるので、そこそこの期間が必要だ。 もう一度楽器屋さんに預けて作業をしていただく。 メインのベースがしばらく我が家を留守にするのはちょっぴり寂しいな。 いやいや、他のバード達がいるじゃんね。リッケンも、ヴァイオリンベースも、 その他いろいろいるじゃんね。最近ギターもちょいちょい弾いて盛りアガってるし。 アコギの弦を張り替えてキモチ良くって鼻歌まじりになったりしてね。 よし、そろそろ曲のアイデアをまとめ始めようかな…

2015.1.24. TYO@TOKYO CINEMA CLUB  showtime pic. by Kayoリフィニッシュが完了する9月まで待ってるぜ。

2015.07.17 (Fri) 16:16:11