買うてもうた JUNE 2015

巷じゃ「6/9=ロックの日」なんて言われてた一昨日、オレは奇しくもベースを買うてもうた。
マッカートニー師匠の愛器・『ヘフナー』のヴァイオリンベースにはずっとずっと以前から興味があって、何度も入手しようとチャレンジしたが、いざ手に取って試奏すると「やっぱ大好きだけど、オレのキャラじゃないよな…」といつも諦めてた。
同じくずっとずっと以前から興味があった古き良きニッポン製の楽器=『ジャパン・ヴィンテージ』。中でもヴァイオリンベースを模倣した日本製のモデルは、グル−プサウンズ全盛の頃からいろんなヤツが市場に出回ってたみたい。
今回“買うてもうた”のも、そんな中の一本。その名も『FIRSTMAN VIOLIN BASS』。ちなみに『FIRSTMAN』というブランド名は、創業者の名前の『一男さん(一夫さん?)』が由来らしい。『ブリジストン(石橋さん)』とか『サントリー(鳥井さん)』と同じ由来ね(笑)


どうっすか?この物凄く“邪道感”と“ビザール感(奇妙で風変りなカンジ)”が溢れほとばしる怪しいルックス(笑)  色は黒だし、スクロールヘッドだし…
本家・『ヘフナー』や様々なブランドからもいろんなヴァイオリンベースが発売されてるのを見てきたけど、オレ的にはこの“非正統派”なルックスにヤラレちゃった。値段も安かったし、超軽いキモチでノリ一発で買うてもうた。
サウンドも所謂<初期ビートル>な“マッカートニー・サウンド”を継承したテイスト。激安のわりにはしっかりした音でしっかりした構造。弾き心地もサイコー。なんせナマ音がデカくて聴き取りやすいし超軽量だし何だかカワイイし、ついつい手に取っちゃうんだな。
自宅から町田市までちょいとドライヴして、ミリメーターズミュージックという楽器屋さんで購入。居心地の良い店内に長い時間オジャマして、これ以外にも沢山のベースを試奏させてもらっちゃった。どうもありがとう!
で、お店にいるうちにいつものようにソッコーで吉井カズちゃんに「買うてもうた!」とLINEで画像を送ると、ソッコーで『兜(カブト)』と命名された(笑) なるほど、黒々しててカブトムシみたいだし、しかもビートルサウンドだし、メイドインジャパンで“和”な雰囲気もあるし…今回はイイカンジの命名だわ。サンキュー!

てなワケで買ってからというもの、マッカートニー師匠のフレーズやら『YOU SAY HEESEY』に収録の『HELL YEAH! ROLL YA!』と『コニチハ サヨナラ』を何度も弾きまくっちゃってるぜよ…

やっぱ、リッケンと並べちゃうよね。でもどっちも”本家”とは全然違うモデル。『邪道なマッカートニー』だよね。イイカンジに<邪悪マッカートニーコンビ>だね。

2015.06.11 (Thu) 1:04:33