自己獣低音記録、更新成功

一昨日、TYOのレコーディング・リズム録りが終わった。
超短期間の日程でクタクタだったけど、超強烈なサウンドとプレイが録れて
ヴォルテージアガりまくり。今もラフミックスを聴きニタニタしちゃってる。
こりゃマジで物凄いアルバムに仕上がりそうだ。聴いてるとムラムラしてくるぜ。

今回は、ほとんどの曲をヴィンテージベースを使ってレコーディング。
相変わらずの自意識過剰な発言だが(笑)、自分と同い歳くらいのベースが
こうして大活躍すると、なんだか感無量だ。
‘61、’62、’65年製のフェンダーと’64製の雷神鳥と‘63年生まれのオレ。
まさに『老いてますます盛ん』である。それ以外に’76年と’04年の雷神鳥も
使ったが、どのベースも個性豊かでとっても愛おしいよ。
時間的余裕のないセッションだったけど、少ない時間でベースをセレクトして
それぞれの曲と一番相性の良いヤツを使用した。高価な楽器を選りすぐっての
レコーディングなんて考えてみたらゼイタクな話だろうが、
日頃からこだわってきている事がサウンドとしてカタチになっていき、
作品となってCDに刻まれていき、それを多くのみなさんに聴いていただける
と思うと、ホントに気分サイコーだ。
その他今回初めてトライした新たなサウンドメイクもあったりして、
自画自賛で恐縮だが、“過去サイコーの心地良い獣低音”だと思う。
勿論、ベーシックなギターもドラムもガイドのために入れた仮歌さえも極上な出来。
マジで手応えビンビン。

さて、これから数日空いた後、8月になってからギター等のダビングと歌入れ。
メンバーのパワーや想いが更にドンドンジャンジャン吹き込まれていって、
素晴らしいアルバムが完成するコト、間違いなし! ご期待くださいまし!
コレが素晴らしき愛器達。どれも大活躍で嬉しいな。
こうして所有者であるオレが画像をブログにアップするよりも前に、オカヒロが
ブログでオレより先にアップしやがった。なんだよ、自分のギターをアップしろよな!(笑)

昨日はそんなオカヒロとデート(笑)タワレコで集合しCDを買いあさった後
お気に入りの店をハシゴしての洋服ショッピング。
んでメシ食った後、プロディカルサンズのライヴに出没。
ある店でお気に入りのブランドの先行予約受注会があり、めっちゃくちゃクールな
レザージャケットを発見し、大興奮しちゃってついついオーダーメイド。
気が早いが、寒くなるのがすっごく楽しみだ。あ、あれ?ヘンなシメになっちゃった?

2009.07.25 (Sat) 0:00:00