天国への階段 地獄の銃弾 池袋 On My Mind

先日の日曜日のレッスンの時、予約キャンセルが出たので、合間に池袋の駅周辺に買い物に行った。
以前から何度かココにも書いているように、池袋はオレにとって中高時代の通学コース(乗換駅)だった。青春の思い出(笑)満載の地なのだ。
まずはイケベ楽器系列のアコースティック専門店・ブラウンギターにアコースティックソロツアーで使う機材を買いに行った。中3の夏休みに「高校生でーす!」と“歳ゴマ”し製本工場でバイトして初めてベースを買ったのも、当時はまだ池袋だけにあったイケベ楽器。しょっちゅう放課後寄り道してタムロってな。中2ぐらいから通いだし高1の時には当時イケベの2階だか3階だかにあった小さなホールでライヴをやったこともあったな。まだいたいけな中高生だったオレ達は、イケベ楽器と当時の店員さんにいいコトも悪いコトもいろんなことを教えてもらった気がする。
実家の最寄りの王子駅に一本で行けたので、お店の目の前のバス停から都営バスに乗ったりしたなぁ(懐)今では直行で実家のすぐ近くを通る路線も走ってるみたい。便利になったもんだ。
機材購入の後まだ時間があったので、駅近辺のタワーレコードにも寄り道。ネットなどでリリースを知って買おうかな?と思ってたリマスター盤を2枚買った。中高時代の思い出の街で買うに相応しいと思いチョイスした。まだ多少時間があったので戻ってスタジオ内のP.A.システムで早速爆音でリスニング。ドカ〜ンと一気に14歳に引き戻されたよ。
まずは先日サードまで入手済みのLED ZEPPELINの4thアルバム。ゼペリンである。ロックミュージック史に燦然と輝く不滅の名盤ね。勿論リアルタイムで聴いてたワケじゃないが、初めて聴いたのはやっぱり中1〜2ぐらい?リマスターされたサウンド、ハンパない。『Black Dog』はより凶暴になってるし、『Rock And Roll』はまさに岩がゴロンゴロン転がっていく破壊力!そして『天国への階段(Stairway To Heaven)』で昇天だ。案外『Going To California』も好きなんだよな。さすが、ジミー・ペイジ師匠!尋常じゃないぜ!
そしてもう1枚は、KISSの『LOVE GUN』。初めて聴いたアルバム『DESTROYER』、初めて自分で買ったロックアルバムは『ROCK AND ROLL OVER』で、『LOVE GUN』は初めて発売日を心待ちにした超リアルタイムな作品。『DESTROYER』を聴いてNHKのヤングミュージックショーを観て以来ドップリとキッスにヤラれまくり熱中しちゃって、それ以前の作品(1〜3rdと『ALIVE!』)も遡って聴きまくってたこともあり、ニューアルバムの発売日が待ち遠しかったな。とはいえ当時はお金なくって友達が買ったのをダビングしてもらったんだけどね(懐)


スタジオでこの2作のジャケットを撮るなら、やっぱMarshallの上だよね。

ジーン師匠、若し…勿論ゼップも…そりゃそうよね、『LOVE GUN』は’77年、ゼップ4thは’71年リリースだもんね。
世間的にはゼペリンの4thは名盤とされていて、KISSの『LOVE GUN』は特に名盤扱いはされてないみたいだけど(世の中的にはKISSの名盤はやっぱ『DESTROYER』なのかな…)、今こうして改めて聴き直してみると、14歳当時のみならず、オレにとっては大切なアルバムだと実感した。アルバムタイトル曲の『Love Gun』とエースが歌う『Shock Me』の2曲が人気曲だが、オレ的には『Tomorrow & Tonight』がメッチャ大好き! 勝手な解釈だけど、STONESとSLADEをミックスしたみたいなテイストね。女性コーラスが入ってるのって、あの当時のKISSでは初なんじゃないかな?『Christine Sixteen』もハズせないな。それと数年前オリジナルのTHE CRYSTALSのヴァージョンを気に入って、更にラストのカヴァー曲『Then She Kissed Me』がますます好きになった。その頃「あの当時のKISSはビートルズ、ストーンズ、ザ・フー、ゼペリン、スレイドetc.のブリティッシュロック以外に、実はかなりアメリカンポップスやモータウンの影響がデカいんよね!?」って酒呑んで吉井和哉氏と話してて超盛りアガったっけ。
どっちのリマスター盤も2枚組で、どっちもデモ音源とかライヴ音源が収録されてるの。インナーの写真も超イイカンジ。見たことあるショットは勿論、レアショットも満載ね。ポールとジーンの本作レコーディング当時のノーメイクショットが載ってたりして。ちなみにオレ、どっちのアルバムも3枚ずつCD持ってるぞ。CD化されてわりとすぐのヤツと、以前のリマスターのヤツ、そして今回のヤツ。やっぱさぁ、最新リマスターを聴きたくなっちゃうんだよね。しかもどっちもデモ音源やライヴ音源が興味深いし…まんまと買っちゃってるんね…

『池袋』という思い出の地でレッスンをして、この歳になって頻繁にアコギを弾くようになりイケベ楽器に行き、ゼペリンとキッスの2014年リマスター盤をこの地で買って聴いてるなんて、37年前の14歳のオレには想像もつかなかったよな(笑)

2014.11.13 (Thu) 22:59:43