オレも今年も立とうじゃないか!

お寒うござい。
一昨日は東京にも雪が降り、「立春に積雪!」なんて騒いでたけど、そんなに珍しいことじゃないよね? 2月末やら3月に、や、ヘタしたら4月に降ったことだってあるじゃんね。「立秋」だって毎年超暑いし、暦ってもうとっくに「今は昔…」じゃんね。
なんて書きながら、遂に鼻づまり…そうっす、花粉のバカヤローがいよいよ来やがったっす。「ヤバいな、そろそろ来そうだな。創作期間なのに集中出来なくなるし…よっしゃ、薬処方してもらいに病院行くべ…」って昨日思ってた矢先に…や、厳密に書くと超近所の病院にチャリで出かけたタイミングでヤラれたわ。ちぇっ、一歩遅かったぁ…慌てて薬飲んでもすでに遅し。今年は花粉の“ウラ年”らしく、あんまり酷くない的な予報みたいだけど、鼻水ダーの、くしゃみバッシバシ。ちきしょ、明日からは薬でガシっとブロックしてやるっ!
ってなわけで、ココ数日超寒い日が続くらしいけど、確実に春は近づいてるんすね。「花粉で春の訪れを感じるなんて、もうイヤ〜ン…」なんてボヤきつつ、デモ音源作っとりますぜ。昼間まだ鼻がつまらないタイミングで仮歌歌っといて良かったぁ…
以前ココでも書いた最近作ってる<オレ流ハードコアなロッケンロー>を仕上げてる最中。まだ歌詞を書いてなくて“なんちゃってハナモゲEnglish”なんだけど仮歌を入れただけで、俄然完成予想図が見えてくるんだな。当たり前だけど、やっぱ“歌”って物凄いパワーなんだよな。「お、ハナモゲな上に、ある程度テキトーでも歌録ってみるとやっぱ全然違うなぁ!」なんて。調子に乗って「こんなコーラス入れちゃったりして!」っつって、仮で入れてみただけでまた更にコーフン!
そして、明けて今日からは、再びbaj・諏訪内氏にアシストしてもらいながらの作業。デモ音源制作からそのまま本チャンレコーディングに突入しちゃうぜ!っていう流れですの。まずはリズムパターン。そしてベースをグッイグイとバッキバキとレコーディング。自宅のリラックスした環境での作業だけど、気合い入れる時は「うりゃっ!」とキレッキレで臨むのだ。メリハリってヤツだあね。
刻一刻と着々と。2014年の春が近づくのとリンクして、ソロワークスが進んでる。飛躍的じゃなく、ちょっとずつだんだんに。なんだか感慨深い。そんな日々。四季折々のニッポンだけれども、真夜中の今ぐらいの時間、好きだな…なんかいろんなコトが無性に愛おしい。
酔って候。


2014.2.1. @La.mama   showtime   pix by Koichi Morishima早速、送っていただいた最新ライヴのショットを。

「よっ、待ってましたっ! 色男! ねえねえダンナ、缶詰、頼むよっ!」…ってオレにアピールしてる実家のタツ。恒例行事と化した『コーフンのあまり、立つ。』おやおや?あれれ? 口の開き具合がオレと似てる?

2014.02.06 (Thu) 3:21:38