永ちゃんの“長い旅”

忘れられないライヴになった。
昨日、矢沢永吉氏のライヴ『ROCK’N’ROLL IN TOKYO DOME』を観た。
ドーム、レッチリ以来かな?
自分でも意外だが、オレ、昨夜が初の永ちゃんのライヴ。
だって60歳のバースディ直後のライヴだもん、お祝いしたかったんだ。
これがまた、めっちゃくちゃ感動的なサイコーなライヴだったのだ。

ドーム公演だけあって、いろんな層のお客さんが集まってきていて、
ついついウォッチング。
圧倒的多数は、同世代orちょい上の“愛すべき元・不良少年少女”(笑)
勿論“愛すべき現役・不良少年少女”もいたし、子連れの方々も多かったな。
永ちゃんのコスプレも、めっちゃ多し(笑)
コワオモテの方々がイカツイ顔して肩で風切って歩いてて、圧巻。
でも、席に着く頃にはみんな笑顔になってる。開演直前には「永ちゃんコール」。
そして、開演。永ちゃん“降臨”で全ての“愛すべき元・不良少年少女”が
一気に少年少女に引き戻されちゃう瞬間。まさに“カリスマ降臨”ね!
オレがキッスやエアロやストーンズを観てる時と同じ状態なんだろうな、きっと。

全曲知ってるマニアじゃないが、一ファンとして思いっきり楽しめたな。
同業者としても(笑)、「うわ、すんげぇ特効!」とか「カネかかってんな!」
とか「永ちゃんの弾くアコギもバッチリ聴こえるなぁ。」などと感嘆しまくり。
巨大なステージセット、巨大な2つのスクリーン、ハーレー、フルオーケストラ、
100人を超えるエキストラ、2台の飛行船、パイロ、紙吹雪…
覚えてるだけでもこの位のゴージャスな演出だもん。
「ロックンロール!」と連呼し、ギンギンに盛り上げるノリのいいナンバーは
勿論素晴らしいが、時折ソフトめな曲を歌い上げる永ちゃんの表現力に心酔!
実娘yokoとデュエットしたのもカッコよかったし!
初期の曲や1曲だけやったキャロル時代の『ルイジアナ』には熱狂!
ヒロト君とマーシーとヒムロックがゲストに出た本編最後の『黒く塗りつぶせ!』で絶頂!
それと、時々曲のエンディングで発する「THANK YOU SO MUCH, RIGHT!」
っていうキャロル時代からの口癖が、何だか凄く嬉しかったな。

一番感動したのは、「ヤザワ、60になったけど、これからもガンガンやっちゃいます!」
的なMCの後、アンコールラストに歌った『長い旅』。
もともとリアルタイムで聴いてて大好きだった曲だが、
31年後にこうして東京ドームで聴けて感激。物凄く胸に沁みたな。
決して平坦じゃない、むしろ道無き道を長く長く歩んできて
先日還暦を迎えた永ちゃんが「死ぬまでの長い旅だぜ」と切々と歌う、
’78年のその名曲に猛烈にシビレまくり、グっとウルっとキちゃった。

アリーナ席で観れたので、サラウンドで聞こえたドームの5万人の「永ちゃんコール」。
“矢沢永吉”、“永吉”、“ヤザワ”、“ボス”e.t.c.…いろんな呼び方があろうが、
オレも、断固「永ちゃん」と呼び続けたい!
目指す音楽性は違えど、本当にいい刺激になった。
TYO@HIGHまであと3日。
“洋ちゃん”もやっちゃうぜ!(“ヒーちゃん”か?)

2009.09.20 (Sun) 0:00:00